ランディングページ(LP)とは?初心者のための基本解説!

ランディングページ(LP)とは?~初心者のための基本解説~

Webについて知っていくと、「LP」という言葉を耳にすることがあるかと思います。なんとなくで理解している人も多いかと思いますが、実際はどういうものなのでしょうか。

LPとは「ランディングページ」と呼ばれるものです。この「ランディングページ」には実は2種類の意味があり、それはホームページで最初にアクセスされたページという意味と、商品やサービスを販売する縦長の1枚のページという意味です。Webマーケティングの観点では後者の意味でよく用いられ、普段耳にするのもこちらを指したものがほとんどです。今回は、この後者の意味のランディングページについて詳しく解説していきます。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

このページの目次

ランディングページ作成のメリット

企業にはこのランディングページを積極的に活用しているところもあります。では、なぜランディングページを制作するのでしょうか。制作するメリットとは何なのでしょうか。

それは、コンバージョン率を上げられることです。コンバージョンとは、そのホームページの目標である行動をユーザーが達成することを意味します。分かりやすく言うと、例えばホームページの目標が「商品を買ってもらう」であった場合、ホームページを訪問したユーザーが商品の購入ボタンを押した時に目標は達成され、この時にコンバージョンを得たことになります。コンバージョン率が上がることはすなわち、ホームページの目標が達成される率が上がるということですので、企業の売上や認知に繋がります。

コンバージョンに関しては下記の記事で詳しく説明させていただきておりますのでご覧ください。
コンバージョンとは

ではなぜコンバージョン率が上がるのかというと、ランディングページが1枚の縦長のページで、余計なリンク先を無くしているからです。一般的なコーポレートサイト等ですと、会社概要や商品情報などのページに飛ぶリンクが設置されているので、途中で他のページに飛んでしまう可能性が高くなります。そこで、リンク先を限定して他のページに飛ばないようにすることで、目標を達成してもらえるように誘導するのです。

また、1ページしか無いのでユーザーに伝えたいことを順番通りに見てもらえることも関係しています。リンク先がなければホームページは上から下へと見ていくものですので、見てもらいたい情報を順に見てもらえるような構成にすることができます。

他にも、SEO対策をする必要が無いので、デザインも気にすることなく自由にできたり、画像を多く盛り込んだりすることができます。文字数やキーワードに縛られず、ユーザーに視覚的に見てもらいやすいページに仕上げられるので、コンバージョンにつなげることができます。

ランディングページの例

ランディングページの制作には様々なメリットがあることが分かりました。では、実際に制作を考えるとなると、どんなものにすればいいのか中々わからないものです。
そこで、ここからはどのようなランディングページが作られているのかを例を挙げて見ていきましょう。

BAKE


https://cheesetart.com/

BAKEの人気商品であるチーズタルトのランディングページ。
シンプルな商品紹介といったところで、チーズタルトへのこだわりが詰まったページになっています。このページから商品を購入できるというものではないので、商品ブランドの認知度を上げるためのランディングページだと考えられます。店舗一覧のリンクは貼ってあるので、見た人の購買意欲を高めて実際に店舗に来てもらうのも目的の1つとなっています。

ヤマトホームコンビニエンス


http://www.kuronekokaiteki.jp/cp/oz15su/

ヤマトグループの会社の片付けや模様替えサービスのランディングページ。
整理整頓に困っているユーザーのお問い合わせを集めるためのページになっており、お問い合わせへのリンクが複数貼られているので、誘導しやすくなっています。

JAC Recruitment


https://www.jac-recruitment.jp/lp/f04/

外資系、大手などの企業の転職支援のLP。
有名企業や高収入の企業への転職支援を行っているだけあって、高級感のあるデザインで合わせています。こちらも申し込みへのリンクが複数貼ってあり、会員登録を誘導するように制作されています。

カップスター


http://sapporo1ban-cupstar.com/

カップスターの LP。
有名アイドルを起用することで、話題性をもたせています。こちらは商品ブランドを高めるためのページであり、商品紹介やTVCM、期間限定でついてくる商品の特典についてまとめてあります。

ノニ濃縮ソフト


http://lp.dmjegao.com/camp/noni_lp/lp/s_ari/011_a/

果物のノニを用いたサプリメントのLP。
画像をふんだんに使用したページで、シンプルで分かりやすい流れで商品販売まで誘導しています。文量は少し長いですが、自然な流れなので楽に読み進められます。

制作時にあたっての注意点

上記で紹介したランディングページは大きなメリットをもたらすものですが、制作にあたっては注意すべき点もあります。ランディングページはただ制作するだけで効果が出るものではありません。制作時や制作後に気をつけなければならない点もあるので、解説していきます。

● SEOが上がらない

ランディングページはほぼ更新を行わないのと、画像を多く使用する場合が多いページなので、SEO対策ができず、検索上位にページが表示されるのが難しいです。ですので、ランディングページの運用にあたってはリスティング広告等を活用して流入数を確保していきましょう。

● 直帰率が高くなる

直帰率とは、初めてページに訪問したあとに他のページに移動すること無くそのサイトから離れたユーザーの割合のことです。ランディングページの性質上、問合せや登録のフォームしか設置されていないことが多いので、そのフォームへ飛ばない場合は自ずとページから直帰することになります。

そこで、直帰率を減らすためにページのデザインや構成に力を入れているのです。ランディングページは企業や商品・サービスの第一印象を決めるものと言っても過言ではないので、ユーザーを惹きつけるデザインと、読み進めても飽きが来ない構成を心がけるようにしましょう。

最後に

今回はランディングページについて解説しました。私も少し前までは曖昧な意味しか知らず、メリット・デメリットについては全く分かっていませんでした。企業の商品販促やブランディングに有効なページですので、「制作してみたい」と思った人は少しでも参考にしていただければと思います。


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。