【2019年版】人材派遣会社のホームページ制作についてまとめてみた

【2019年版】人材派遣会社のホームページ制作についてまとめてみました

人材派遣会社というとどういったものを想像する人が多いでしょうか。基本的には人材を派遣するわけなので、会社を選んでもらうメリットやエージェントの雰囲気等をホームページで伝えなければなりません。

上手く伝えて、任せてもらえるようにするにはどのようなデザインのホームページにして、どうアプローチしていけば良いのか考えてホームページを制作していくことが大切です。

参考にしたい人材派遣会社のホームページを挙げているので、ポイントや注意点を見ていきましょう。

1.参考にしたい人材派遣会社のホームページを解説

1.ヒューマンステージ株式会社


https://www.human.or.jp/

「ヒューマンステージ株式会社」は色使いや画像選定が上手く、オシャレな感じのホームページに仕上がっています。背景やアニメーションにもこだわっていることから参考になる点は多いでしょう。

メインビジュアルは女性が振り返っている姿で「FIND YOUR STAGE.」という英語と一緒に載せられています。YOURの部分だけテキストの色が変えられているのも印象的です。

メインビジュアルのすぐ傍に「JOB SEARCH」という検索欄があって、どんな派遣先があるか検索することができるようになっています。ユーザーのニーズは良い派遣先を探すということなので、ニーズにしっかりと応えられていますね。

どんなに人材派遣会社のエージェントが良い人でも、派遣先がないのであれば意味はありません。また、登録せずとも検索できるのはユーザーにとっては嬉しい限りです。検索は職種や勤務地で検索できるようになっていて、使いやすくなっています。

その下にはヒューマンステージ株式会社が選ばれる理由があり、どこが他の人材派遣会社と違うのか、福利厚生はどんなものがあるのかを知ることができるようです。カーソルを当てるとボタンが浮くような感じになっているのも分かりやすくて、参考にできそうですね。

下層ページはシンプルなデザインですが、整っていて画像とテキストのバランスも良いです。見やすさは抜群なので、下層ページを制作する際は参考にしましょう。

2.株式会社パソナテック


https://www.pasonatech.co.jp/

「株式会社パソナテック」はメインビジュアルが小さいカルーセルになっているホームページです。メインビジュアルと聞くと大きいものを想像しますが、全然そんなことはなく株式会社フルキャストホールディングスのようなメインビジュアルの使い方もありですね。

トップページはテキストが多く、画像は少なめです。コンテンツが多いので、長くならないように配慮してリンクもテキストリンクにして無駄なスペースを取らないようにしています。画像を挿入したら、どのくらいの長さになってテキストにするとどのくらい縮めることができるかは制作前に考えておくべきです。

あまりに長くなってしまうと飛ばされてしまうので、伝えたい情報が伝わりません。上手くページの長さをコントロールしましょう。

下層ページも同じようなデザインで、基本的には変わりはないようです。コンテンツによっては表があって見やすくなっているので、分かりやすさも考えられて制作されていますね。

各ページでメニューバーは固定されていて、新規登録のボタンも一緒に設置されています。すぐに登録することができるので、最終的な目的を考えてホームページ制作することが大切です。

全体を通して少し分かりにくいのが、株式会社フルキャストホールディングスはITおよびエンジニアリング分野に特化しているということ。ここはもっと大々的に見せても良かったのかなという印象です。

強みは積極的に前へ出していくことを意識しましょう。

3.株式会社ドム


https://www.dom-net.co.jp/

「株式会社ドム」は落ち着いた雰囲気のあるホームページです。メインビジュアルは固定画像で、特にカルーセル等は使われていません。「企業の課題を多様な人材でサポート」ということが書かれているので、人材派遣会社ということは分かりますね。

メインビジュアルでまず、企業と個人で案内を分けるようになっています。初めに提示しておくことで迷うことなくスムーズに案内できるので、この方法は人材派遣会社のホームページ制作時には参考になるでしょう。

トップページのコンテンツには株式会社ドムについてやコラムなんかがあり、活動方針や現在取り組んでいることなんかが分かるようになっています。トップページは短めにまとめられているので、見やすいです。

下層ページはコンテンツにもよりますが、長いものは画像や表を上手く使っています。使い方や表の見せ方が分かりやすいので、制作する際には参考にすると分かりやすいコンテンツになりそうです。

ツイッターやインスタグラムもやっているようで、フッターには各SNSのリンクも貼られています。人材派遣を利用する年代を考えると運用していくことは必須になりそうです。ホームページで紹介するのはもちろん、逆にSNSからホームページに繋げることもできるので使えますね。

4.株式会社フルキャストホールディングス


https://www.fullcastholdings.co.jp/

「株式会社フルキャストホールディングス」はメインビジュアルがカルーセルになっていて、どんな会社なのかをメインビジュアルで知ることができます。どうやらアンジャッシュの渡部さんがイメージキャラクターのようで、そのアピールもしっかりとできていますね。

ホームページ内でイメージキャラクターを載せているところは多いですが、やはりイメージキャラクターが居た方が安心感に繋がります。もちろんその分コスト面は高くつくのでホームページ制作時に必要かどうかは考えた方がよさそうです。

メインビジュアルのところで個人と企業の入口を分けてメニューを作っているので、明確にできることを知ることができます。「個人の方はこちら」「企業の方はこちら」という風に分けているホームページはよく見ますが、それぞれでメニューを分けて作っているホームページはないので参考になりますね。コンテンツの方ですが、こちらは区画がしっかりと分かれていて、見やすいデザインです。

トップページは長い割に実はコンテンツは少ないというのは少し不思議な感じがします。というのもコンテンツとしてあるのはニュースとインフォメーションのみ。スペースを大きく取っているのはグループ企業の紹介のようです。

大きい会社なので、会社内でリンクをし合っているということでしょう。1つのホームページにきたユーザーを多くのサイトへ誘導できるので良い戦略です。回せるところがあるのであれば参考にしましょう。

2.人材派遣会社のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

人材派遣会社のホームページ制作費用の相場は400,000円程度です。一般的なホームページと同じくらいですね。ホームページによってはもっと安く済むことも十分に考えられます。

というのも特にアニメーションや動画を使う部分がなく、構成が至ってシンプルなためです。基本的な構成のホームページならばそこまで費用はかさみません。

トップページの費用は150,000円程度で多くの場合は収まります。特に長くなったりするという要因も少なく、コンテンツ自体もまとめやすいので安く済みそうです。ただ、株式会社フルキャストホールディングスのように入口ごとにメニューを制作するとその分高くなります。

下層ページはそこまで多くなる印象はありません。大体は1ページあたり30,000円程度で収まります。10ページもあれば問題ないので高くて300,000円ということになりますね。

バナーやロゴのデザインは20,000円程度ですが、あまり見受けられないので必要であれば頼むという感じです。

お問い合わせフォームは必要になるので必ず設置するようにしたいですが、場合によっては会員登録フォームの方が良いかもしれません。相場だと30,000円程度になります。作り込むとさらに高くなるので、予算と相談して制作しましょう。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.人材派遣会社のホームページを制作する際のポイントと注意点!

人材派遣会社のホームページの役割は仕事を探している人に会員登録してもらうことです。最終的には登録をしてもらうので、お問い合わせフォームや会員登録フォームは必須になります。

コンテンツはどう見せると登録してもらいやすくなるのか、ポイントと注意点を見ていきましょう。

1.制作時のポイント

人材派遣会社のホームページ制作時のポイントはユーザーに合わせてページを作り変えるということです。まずは個人と企業でページを変えることはもちろん、業種によっても見せ方を変えられるのが理想ですね。

誰がどの情報を欲していて、その情報があるページに辿り着けるかどうかは重要です。ホームページでしっかりと誘導ができるようにメニューバー等の作りはしっかりと考え、コンテンツ内のリンクも分かりやすいようにしましょう。

情報を見てもらって納得してもらえれば、会員登録や企業からの依頼も増えるはずです。完成した段階で第三者に見てもらい、使いやすいかどうかを判断してもらうと良いですね。

2.制作時の注意点

制作時の注意点は何の分野に特化した人材派遣会社なのかをしっかりと書くということです。もちろん特化したものがなければ書けないのですが、中でも一番紹介件数の多いものや案件の多いものを紹介するのでも良いでしょう。

特化しているのにそれが分からない、分かりにくければ意味がありません。せっかく会員登録してくれる人も逃してしまうことになります。できればメインビジュアルで書いておくのが理想ですが、そうでなくても目立たせるようにしておきましょう。

4.人材派遣会社のホームページ制作のまとめ!

人材派遣会社はどんな会社を紹介できるのかがユーザーが気になるところです。どんな紹介先があってどういう待遇なのか分からなければ、そもそも登録しようとは思わないですよね。

その点はしっかりと誰が見ても分かりやすいように制作しておきましょう。もちろんかけないこと等もありますが、不明慮なままでは心配になります。それであれば「今までの傾向からこう言える」「こういうものがイメージ」というように例を出しておくと親切です。

それから紹介までの流れを書いておくことも重要ですね。これからのことが分からないとやはり不安です。

上記に加え今回紹介したポイント等気をつけてホームページ制作をしていくと良いものが制作できます。