【2020年版】介護施設のホームページ制作についてまとめてみた

【2020年版】介護施設のホームページ制作についてまとめてみました

介護施設のホームページはどんな介護施設でいくらぐらいかかるのかというのが一般的ユーザーの持っているニーズです。恐らく多くの人は介護施設を今までに利用したことがないので、相場感やできることをほとんど知りません。

そのようなユーザーでもなぜこの料金設定なのかをサービスと見比べて納得してもらう必要があります。

どのようにホームページで見せていけば納得してもらえるか、ポイントや参考例を見て考えていきましょう。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

記事監修者の紹介

田丸 修太

株式会社エフ・コネクト マネージャー
飲食業界からWEB業界へ転身後、自社のWEB広告運用を担当。
現在はマーケティング領域からサイトのディレクション、お客様のヒアリング対応まで幅広く業務に携わっています。

1.参考にしたい介護施設のホームページを解説

1.サニーライフ


https://www.sunnylife-group.co.jp/

「サニーライフ」のホームページは区画がしっかりと分けられていて、それぞれが枠に囲まれています。これだけで真面目な印象が与えられて、介護もしっかりとしてくれそうですよね。

色も落ち着いた色合いで誰もが見やすいようになっています。メインビジュアルには特別プランの案内や新規オープンの情報が載せられていて、掴みはばっちりです。新規オープンの情報には入居金と月額料金も書いてあるので大体の費用を知ることができます。

メニューバーは左側にあり、見て欲しいコンテンツは点滅表示がされていますね。「特別プラン情報」と「デイサービス」だけ点滅していれば誰でもそのコンテンツに目が行きます。簡単な方法ですが採用しているところは少ないので参考にしたいです。

メニューバーの下にある資料請求と見学予約のボタンは固定されるようになっているので、どこにいてもすぐにアクセスできます。興味を持ってもらったら即行動へ移せるようにしておくことは大切です。これだけでも相当の取りこぼしを防ぐことができ、効果が期待できます。

下層ページのコンテンツは画像付きで短くまとめられていて、読みやすいので読むのに苦労はしません。そしてどのページにも一番下には電話番号と資料請求、見学予約のボタンが載せられています。

各ページに入れておくことで目に触れる機会が増え、数値も取れるようになるので参考にできるでしょう。

2.社会福祉法人愛郷会 介護老人福祉施設あじさい


http://www.ajisai-kaigo.jp/

「社会福祉法人愛郷会 介護老人福祉施設あじさい」のホームページは施設名にもなっているあじさいがモチーフになっています。色使いもさじさいの色で優しい雰囲気です。色だけではなくあじさいがホームページ内に書いてあり、読んでいて和やかな気持ちになりますね。

メインビジュアルはカルーセルで流れていますが、ここも注目ポイントで流れるスピードはゆっくりになっています。ホームページを見ているユーザーが老人であることも考えられているので、ユーザー設定がしっかりとされているようです。

画像と説明があり、メインビジュアルを見ているだけでもどんな介護施設なのかが分かります。メインビジュアルの下には運営方針が書かれていて、こちらも分かりやすいですね。

下層ページは多くなく、ホームページ全体のボリュームもそこそこです。コンテンツ自体は画像と文字のバランスが取れており、ストレスがなく見ていられます。サービス紹介では表も交えられているので、気が遣われているのが分かりますね。

ヘッダーにお問い合わせフォームを置いておくことで、どこのページからもアクセスできるようになっています。一番上にあることで、毎回見ることになるので単純接触効果が使えそうです。

ホームページを制作する際は様々なことが役立ちます。そういう狙いがあったのかは分かりませんが、今回のように心理学を駆使するというのは参考になりますね。

3.介護老人保健施設アルカディア


http://www.arcadia-kaigo.com/

「介護老人保健施設アルカディア」は一昔の前のホームページのような作りをしています。これは悪い意味ではなく、ユーザーに合わせて制作されているということです。

昔の人が今の音楽を聴いてもピンとこないように、ホームページも今と昔では大きな差があります。今のホームページのようにアニメーションが使われたり、動画が多いと慣れていないユーザーは見にくいと感じるでしょう。

見ているユーザーに合わせてホームページ制作をすることは大切なことなので、どのようなデザインにして構成はどうするかという考え方を見習いたいです。

メインビジュアは特に動いたりするわけではなく、施設の外観と内観の画像と施設の紹介文が少し書いてあります。どんな施設か知れるようにボタンも設置されていて、メインビジュアルの役割を十分に果たしていますね。

コンテンツは画像付きボタンとボタン、テキストリンクが使われており、それぞれに飛べるようになっています。一昔前に感じるのはフォントとテキストリンクからです。「お知らせ」のところのように日付とテキストリンクが羅列されているとアナログに感じるというのは覚えておいて損はないでしょう。

下層ページは画像や図が使われており、施設の様子や介護風景が分かります。知りたいことを知れるので、使いやすいです。

4.所沢悠生苑


http://www.yu-seien.com/

「所沢悠生苑」は清潔感のあるホームページでしっかりと仕事をしてくれそうな雰囲気を感じます。そう感じるのはメインビジュアルの画像とフォントからでしょう。きっちりとしているに感じるのも納得のデザインです。

メインビジュアルには「安心・安全・ゆとりのある暮らしをお約束します」と約束が書いてあり、信頼感があります。約束というくらいですから、そこに自信があるというのは読み取れますね。

トップページのデザインは画面全体が使われており、インパクトがあります。表と画像がバランスよく配置されていて見やすいです。トップページに見取り図があるのも印象的で、それぞれ拡大もできるので細かいところが見にくいユーザーを意識していることが分かります。

下層ページの料金設定や1日の流れは表が使われていてこちらも分かりやすいです。文字の色も使い分けられているのでその点も細かい配慮が伺えます。

2.介護施設のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

介護施設のホームページの制作費用の相場は300,000円程度です。高くもなく安くもなく標準的な費用ですね。

トップページはこだわる部分も少なくシンプルなので100,000円程度で収まります。長さもそこまでないのでばらつくこともなさそうです。

下層ページは30,000円程度でこちらも標準的な相場でしょう。ページ数もそこまで多くはならないので、費用がかさむという心配もなさそうです。構成自体シンプルなのでコンテンツさえ整っていればすぐに制作できます。

バナーやロゴの費用は20,000円程度でできるので作っておいて損はないでしょう。使う場面は多いのであった方がなにかと便利です。

お問い合わせフォームは30,000円程度で作れます。確実にあった方が良いので忘れずに作成しておきたいですね。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.介護施設のホームページを制作する際のポイントと注意点!

介護施設のホームページの役割は介護施設のサービス内容を知って貰うことです。トップページに知ってもらいたいことを書いておくのが1番確実な方法でユーザーにも伝わります。

その他にはどのような見せ方をすれば良いのでしょう。ポイントや注意点を見ていきましょう。

1.制作時のポイント

介護施設のホームページ制作時のポイントは施設の様子やサービス内容を詳細に書くことです。当然だと思われるかもしれませんが、本当にここが重要でユーザーも知りたい情報になっています。料金も書いておいてあげると親切ですね。

施設の様子は画像で伝えるようにして、できれば説明文もあると分かりやすいですし、安心もできます。バリアフリーに対応しているか、そもそも建物自体はキレイなのか高い料金を払う方としては気になります。実際に見にいかないと分からないということがないようにしましょう。

サービス内容は介護施設によって違います。デイサービスもあれば居宅介護もあり、サービスの種類は様々です。何ができて何ができないのかは明確に書いておかないと興味すら持ってもらえません。それではホームページの意味がないので確実に落としの内容にしましょう。

2.制作時の注意点

制作時の注意点はユーザーを迷子にさせるようなホームページにしないことです。コンテンツも多く、下層ページが増えるとその分、目的の情報がどこにあるか分かりにくくなってしまいます。

ユーザーを迷わせてしまうホームページは親切ではないのでその時点で切られてしまいます。せっかくホームページを見にきてくれたのに、それではもったいないです。しっかりと案内できるように階層分けをきっちりとして制作前に精査しましょう。

それからコンテンツの見やすさも考える必要があります。文字の大きさや行の感覚はどのような人が見るかを考えながら、制作していきたいところ。内容は考えらえていて分かりやすいのにそもそも見られない、見にくいとなっては本末転倒です。

細かい部分ですが、気を付けましょう。

4.介護施設のホームページ制作のまとめ!

介護施設のホームページを見る人は介護施設に入ろうと思っている本人か、周りの親族でしょう。その人にどう見せたら良い介護施設に見えるかを考えて制作していくことが重要です。

今回参考例に挙げた4つの介護施設のホームページを見てポイント等を読み返してみてください。どこをどういう風に見せたら効果的かが見えてくるはずです。

決して安い料金ではないからこそ、そして毎月そこにいるということを考えると慎重になるのは当然ですね。心配にさせないようできるだけ詳しく、そして分かりやすくホームページを制作していけば良い介護施設のホームページを制作することができます。

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。

お手数ではございますが、見積り依頼を送信する際にチェックを入れて頂きまして送信をお願い申し上げます。

選択してください