【2020年版】コンサルティング会社のホームページ制作についてまとめてみた

【2020年版】コンサルティング会社のホームページ制作についてまとめてみました

【2020年版】コンサルティング会社のホームページ制作についてまとめてみました

コンサルティング会社のホームページは見せ方が難しく、なかなか方向性やデザインが決まらず悩みも多いです。実際に悩んでいるという方も多いでしょう。

ただ、上手くホームページ制作をすればしっかりとお問い合わせも増えますし、興味を持ってもらうことができます。どのように制作していけば良いのか参考にしたいコンサルティング会社のホームページを見てポイントや注意点を考えていきましょう。


ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

記事監修者の紹介

田丸 修太

株式会社エフ・コネクト マネージャー
飲食業界からWEB業界へ転身後、自社のWEB広告運用を担当。
現在はマーケティング領域からサイトのディレクション、お客様のヒアリング対応まで幅広く業務に携わっています。

1.参考にしたいコンサルティング会社のホームページを解説

1.株式会社リブ・コンサルティング

株式会社リブ・コンサルティング
https://www.libcon.co.jp/

「株式会社リブ・コンサルティング」はメインビジュアルに「100年後の世界を良くする会社を増やす」ということを大きく書いています。会社のコンセプトをメインビジュアルに書いておくことで必ず見てもらうことができるので、効果的な方法ですね。

コンセプトの下には補足の説明がされていてメインビジュアルだけでどんなコンサルをしてくれるのかが分かります。コンテンツは真ん中を中心に2カラムで構成されていて、トップページが長くならないように工夫されているようです。

テキストコンテンツは少なく、基本的には画像付きボタンかテキストリンクで下層ページの内容の1部に触れて下層ページへ飛べるようにしています。イメージするような画像がない分テキストで短く説明されていることが多いです。

説明の仕方、下層ページへの誘導は上手いので、参考にしておきたいところ。下層ページはというとこちらも短くまとめられています。ただ、テキストがやや多いかなという印象は拭えないので画像とのバランスは考えたいですね。

画像が使われているページはしっかりと使われているので、メリハリはあって良いです。

そしてパンくずリストがあるのでここはぜひ取り入れたいところではあります。やはりパンくずリストがあるとどうそのページにたどり着いたかが分かるので、ユーザーとしては使いやすいですよね。積極的に取り入れていきましょう。

2.株式会社 スマートウィル

株式会社 スマートウィル
https://www.smartwill.co.jp/

「株式会社スマートウィル」はキリンがロゴになっているコンサルティング会社です。メインビジュアルはちょっと変わった感じになっており、クライアント企業のロゴや画像が2段になって流れています。

控えめではありますが「新たな関係が、新たな時代を描く。」ということも書いてあり、テキストでも説明がされていますね。

ロゴがキリンだからか差し色で黄色も使われています。全体のベースの色は一応黒になるようです。コンサルティング会社の色のイメージは基本的にはないので、自由に設定できるのは嬉しいですね。

トップページにサイドカラム等はなく、コンテンツのみに集中することができます。テキストの大きさが大きいので読みやすいですし、量も多くないのでサラッと読むことができるでしょう。

ボタンっぽくはないですが、クリックをすれば下層ページに飛ぶことができます。カーソルが当たると色が変わったりする方が分かりやすいので、その点は制作時には注意したいところです。

下層ページはトップページとは変わって、しっかりとテキストで説明がされています。理解しにくい難しいところには画像や表も使われているので分かりやすいです。画像もクリックをしたら大きくなるようになっているのでスペースも節約することができています。

ページが長くならないようにする方法として取り入れたいですね。

3.株式会社ベクトル

株式会社ベクトル
https://www.vector-up.com/

「株式会社ベクトル」はメインビジュアルにカルーセルを使っており、王道のスタイルのホームページです。それぞれにテキストがあり、量もそこそこある感じになっています。テキストの大きさは変えられているので読ませたいところは読めますが、全部を読むというのは初見では難しいかもしれません。

大きく掲げられているのは「ベクトルをあわせ人と組織の成長を支える」「データに基づき実務にこだわる」「組織のビジョン・働く人の想い」の3つで株式会社ベクトルがどのようなコンサルティング会社なのか分かります。

メインビジュアルの使い方としても良い使い方だと言えそうです。テキスト量が多くなる場合はスライドする時間も長めにとっても良いかもしれませんね。

トップページは綺麗にまとめられていて、基本的には画像付きボタンやテキストリンクでデザインされています。ボタンもただ単に並べるだけでなく、形を工夫していたりして考えられているようです。

珍しいと思ったのはサービス領域の画像付きボタンが画像の上から緑で統一して塗られているということ。パッと見緑のボタンですが、よく見ると画像の設定がされているのが分かります。

上から塗ることでバランスを整えられるので、これは面白い発想ですね。

4.株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン

株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン
https://www.ghc-j.com/

「株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン」のホームページはメインビジュアルがカルーセルになっています。画面全体を使っていて「共に創り、共に歩む」というのが強調して書かれていますね。

強調といっても大きく書かれているわけではなく、周りに何もなくして目立たせているという印象。何もなければ必然的に目立つので、このやり方は上手いと思います。ごちゃごちゃした印象を与えることなく、すんなりと読めるので見落としはなさそうです。

コンサルティング会社のホームページ以外でも使えそうな表示なので、参考にしましょう。

トップページは画像とテキストの量が程よくスペースもしっかりと取られていて見やすいです。株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンくらいスペースをゆったりと取れると誰でも見やすいホームページになりますね。

下層ページはそれぞれのページによってデザインが違いますが、コンテンツに合わせて作られているので違和感はありません。下層ページの中にはコンサルタント紹介のページがあるのも印象的です。

コンサルタントの顔が円形にトリミングされて、笑顔で写っていて好印象ですね。1人1人の顔が見れると安心ですし、コンサルティングも頼みやすそうです。顔を見せるのもコンテンツとして入れて良いかもしれません。

2.コンサルティング会社のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

コンサルティング会社のホームページ制作費用の相場は300,000円程度です。メインビジュアルがカルーセルを入れたりはしますが、その他に変わったことはなく安めに済みそうですね。

下層ページが少ないというのも相場が低い理由です。多くても10ページいかないコンサルティング会社が多いので、費用も抑えられます。ホームページはよくある構成のもので見やすいところが多いです。

トップページの費用は100,000円程度でコンサルティング会社によっては100,000円以下にも抑えられます。トップページが長くなることもないので、費用はバラつくこともないです。

下層ページの費用は30,000円程度で、ページ数も多くはならないので費用は膨らみません。ページ自体もそこまでボリュームがあるというものではないので、資金的な面では助かりますね。コンサルティングという抽象的なものなので分かりやすいページにできるよう、画像や表の挿入も忘れずにしたいです。

バナーやロゴは20,000円程度なので必要分は制作しておいても良いでしょう。ただ、コンサルティング会社ではあまりバナーを設置したりすることは少ないかもしれません。相談して制作することをオススメします。

お問い合わせフォームは30,000円程度でできます。高い費用ではないので設置しておくと仕事の依頼にも繋がるので、できる限り設置しておきましょう。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.コンサルティング会社のホームページを制作する際のポイントと注意点!

コンサルティング会社のホームページの役割は会社がどのようなコンサルをしてどのような技術を持っているかを知ってもらうことです。目に見えないサービスをどのように見せるのか悩みどころではありますが、ポイントや注意点を抑えて分かりやすいホームページにしていきましょう。

1.制作時のポイント

コンサルティング会社のホームページ制作時のポイントはできる限り身近なものを例に挙げるということです。もちろん画像も想像しやすいようなものを使うと良いでしょう。

コンサルティングと言われても具体的に何をするのか、どういう効果があるのかはっきりとは分かりません。それではメリットが伝わらないので、クライアント情報だったり、何がどう変わるのかを表にして見せる必要があります。

大手のクライアントであればそれだけで安心感に繋がりますし、身近なもので例を挙げられればイメージもしやすくなりますね。

2.制作時の注意点

制作時の注意点はコンテンツを詰め込み過ぎないということです。ここでの詰め込むというのは1ページに詰め込み過ぎないということ。コンサルティングは専門的で理解が難しい業種でもあります。

データの分析やマネジメント等をただ書かれても何がなんだか分かりません。それを詰めて書かれても読む気がなくなるだけです。沢山伝えたいということは分かりますが、上手くスペースを空けつつ書いていく方が多くの人に読んで貰えるので心がけましょう。

スペースを空けてページが長くなってしまうのであれば、ページを分けてできる限り見やすさを重視していくのが良いです。

4.コンサルティング会社のホームページ制作のまとめ!

コンサルティング会社のホームページは伝えるのが難しく、コンテンツも何を載せるのか判断しにくいです。会社の理念や方針等を伝えるのはもちろん、どういう実績があって、具体的にどのようなことをしてくれるのかをホームページでは伝えたいところ。

表を使ってコンサルティング前と後を比べても良いですし、クライアントからの口コミを載せても良いですね。方法は様々なので、考えながら制作していきましょう。

誰でも分かるように短くまとめると費用も浮いて一石二鳥です。

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。

お手数ではございますが、見積り依頼を送信する際にチェックを入れて頂きまして送信をお願い申し上げます。

選択してください