【2020年版】便利屋のホームページ制作についてまとめてみた

【2020年版】便利屋のホームページ制作についてまとめてみました

便利屋といってもどこまでできるのか分からないというのが一般ユーザーの悩みでしょう。
便利屋のホームページはできる仕事を上手く伝え、いくらでできるのかを知ってもらうという役割があります。

最終的な目的はお問い合わせ件数を増やすというところにあるので、その点に注目しながら便利屋のホームページを制作するポイント等を見ていきましょう。

まずは参考にしたい便利屋のホームページをピックアップして解説していきます。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

記事監修者の紹介

田丸 修太

株式会社エフ・コネクト マネージャー
飲食業界からWEB業界へ転身後、自社のWEB広告運用を担当。
現在はマーケティング領域からサイトのディレクション、お客様のヒアリング対応まで幅広く業務に携わっています。

1.参考にしたい便利屋のホームページを解説

1.べんり屋 幸栄社


http://www.koueisha.biz/

「べんり屋 幸栄社」は猫がロゴにも入っている便利屋でメインビジュアルにも猫が採用されています。
人の画像ではなくイラストがメインビジュアルとして使われており、親しみやすい雰囲気です。

特にスライドであったりアニメーションが使われているわけではないですが「どんな仕事でもOK!」という風に書いてあります。
その横に「暮らしまわりのお手伝いをいたします」ということが書いてあり、ここだけで暮らしまわりのことを頼める便利屋だということが分かりますね。

トップページには「こんな事、幸栄社にお任せください」というスペースがあり、ハウスクリーニングや不用品回収といったそれぞれの項目が画像付きのボタンとして設置されています。

明るい雰囲気のボタンでキレイにしてくれそうと思わせてくれるデザインです。
このスペースの下にはトピックスとバナー、フッターがあるだけでコンパクトにまとめられています。

べんり屋幸栄社を調べる→目的別に案内という流れが確実に起きるので、ユーザーを下層ページまで引き込むことができるホームページ設計です。
トップページがコンパクトになっているので、ユーザーが他のものを見て本来の目的を忘れたり、迷うことがありません。

下層ページに行くとトップページからは想像できない情報量で各項目が解説されており、しっかりと知りたいことを知れるようになっています。

上手く作られているホームページなので、全体的な流れを参考にしたいですね。

2.福岡便利屋「何でも屋」


http://www.fukuoka-benriya.com/

『福岡便利屋「何でも屋」』はメインビジュアルにしっかりと情報を詰め込んでいて、ここだけでアピールができています。

まずは「なんでも頼める格安料金」ということで料金の安さをアピール。
その上にお掃除・お片付け等の実際に頼める仕事の一例を出しているのもユーザーにイメージを付きやすくするので効果的です。

そして法人の安心サービスという点の安心感と24時間受付という時間の柔軟性アピール。
これだけの情報をメインビジュアルから読み取れるので、工夫して書かれていることが分かります。

メインビジュアルの下にはサービス案内が画像付きのボタンで紹介されており、分かりやすく並んでいるので迷うこともなさそうです。
この項目をただのボタンにするのではなく、画像付きのボタンしたのは正解ですね。

ボタンでは伝わりづらいもの、何個もボタンが並んでしまうところでは参考にしましょう。

その下からはサイドカラムも用意されて対応エリアやコンテンツが載せられています。
バナーも貼られていて、バランスがしっかりと取られていますね。

下層ページには料金表があり分かりやすく情報が並べられているので、知りたいことがすぐに分かります。
ページ下にはお見積りフォームを置いていて、取り逃しの少ないように設計されているようです。

3.便利屋 オムニス


https://www.omnis-benriya.com/

「便利屋 オムニス」少し変わったホームページの作り方がされています。メインビジュアルがそのまま背景となっており、トップページをスクロールしていくとメインビジュアルは動かずコンテンツ部分だけが上へ上がってきます。文章では伝わりづらいという方はぜひ便利屋 オムニスのホームページを覗いてみてください。

色はオレンジで統一されており、ごちゃごちゃすることなく見やすいです。トップページに画像は少なめですが、途中にカルーセルがあり回収品であろう画像をいくつか見られるようになっています。

大きな画像として置いてしまうとトップページが無駄に長くなってしまうので、効率的な挿入方法だと言えるでしょう。

コンテンツ自体は一般的なもので、下層ページも多くはありません。下層ページを見ていて参考にしたいと思ったのは、電話番号を固定のボタン以外にコンテンツの途中に挿入しているという点です。

ボタンは固定していても見落とされることはあります。コンテンツの途中に置いておけば見逃されるということが少なくなるので、固定ボタンにプラスして挿入するというのは参考にしたいです。

ただ、メニューバーが固定ではないので、使いづらさも感じるという点は覚えておきましょう。

4.株式会社クライアントパートナーズ


https://www.clientpartners.jp/

「株式会社クライアントパートナーズ」はメインビジュアルを見て分かるように女性スタッフの便利屋です。
そのため、メインビジュアルも女性だけが写っている画像が使われています。これだけでかなりのインパクトがあるというのはお分かり頂けるでしょう。

さらに「女性だけで大丈夫なの?」という心配も「創業10年」という文章を載せることで解消してくれています。

メインビジュアルの使い方としてはバッチリの使い方なので、特徴がある場合はこのくらいアピールしても良いですね。
女性スタッフのみということで、白をベースにキレイにホームページもまとめられています。

業務内容の例があり、その下には料金目安も書かれているので知りたいこともすぐに探せるというのはユーザーにとって嬉しいです。
お問い合わせフォームの設置は固定のものはなく、コンテンツ内に1ヶ所ですが欲しいところにあります。

メディア掲載実績や最近の業務内容紹介等もトップページにあるので多少長くはなりますが、アピールすることが多く信頼はできそうな印象です。

全国に店舗を展開しているので、店舗紹介や提供エリアも載っているのですが、文字だけの掲載なので地図等使うとまとまって見えそうですね。どんなコンテンツでも言えることですが、文字だけだと探すのが大変なのでユーザビリティーを考えて設計するのが良いです。

2.便利屋のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

便利屋のホームページ制作の相場感は全体で250,000円前後といったところです。

他の業種に比べると比較的安く済みそうですね。というのも特にアニメーションや動画を使う部分がなく、構成が至ってシンプルなため。基本的な構成のホームページならばそこまで費用はかさみません。

トップページは100,000円で多くの場合は収まります。特に長くなったりするという要因も少なく、コンテンツ自体もまとめやすいので安く済みます。あるとすれば地図検索の挿入をするというくらいです。

下層ページもそこまで多くなる印象はありません。1ページあたり15,000円程度で収まります。10ページもあれば問題ないので高くて150,000円ということになりますね。

バナーやロゴのデザインは20,000円程度ですが、あまり見受けられないので必要であれば頼むという感じです。お問い合わせフォームは必要になるので必ず設置するようにしてください。相場だと30,000円程度になります。

全体でまとめると250,000円というわけですね。紹介した「株式会社クライアントパートナーズ」のように作り込むとさらに高くなるので、予算と相談して制作しましょう。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.便利屋のホームページを制作する際のポイントと注意点!

便利屋のホームページ制作をする上で最終的な目的となるのは問い合わせの件数を増やすことです。

どうやったら増えるのかポイントをしっかりと抑えて設計しましょう。注意点もあるので書いていきますね。

1.制作時のポイント

便利屋のホームページ制作時のポイントは問い合わせフォームのボタンを固定して設置しておくということ。ホームページがごちゃごちゃすることが少なく、迷うことはないですがどこからでもお問い合わせフォームに行けるということは大切です。

さらにはコンテンツの途中にも置いておくと効果的なので、適当な場所に置くようにしましょう。

それから便利屋という抽象的な印象なので、何ができるのかというのを明確にしておく必要があります。どこのホームページにもトップページに書いてあるので、トップページで少し触れて下層ページで詳しく説明という流れが良いです。

トップページで解説してしまうと長くなるので、上手くまとめて長くなり過ぎず分かりやすくしましょう。料金も明確にしておくことが大切で、表にまとめておくと見やすいので表で載せるのもポイントですね。

2.制作時の注意点

制作時の注意点はやはり文字ばかりにしすぎないという点です。便利屋ということで掃除や家事代行があるので、ビフォーアフターが画像見られたりするのが理想です。

説明するというよりは見てくださいというスタンスの方が良いですね。それからメニューバーを固定で置いておくというのも注意したい点です。今回紹介した4つの便利屋ではどこも採用していませんでしたが、メニューバーは固定であった方が満足度は高くなります。

知りたい情報があるのにどこから行けば良いのか分からないということになりかねないので注意しましょう。

比較的簡単なホームページの構成になるので、注意することも少なく済みそうです。

4.便利屋のホームページ制作のまとめ!

便利屋のホームページはいかにお問い合わせを増やすかが重要です。そのためには何ができて何ができないのか、そしていくらくらいでできるのかということをしっかりと載せておく必要があります。

業務内容は多いので下層ページに書くことが多いですが、トップページにもしっかりと載せて離脱を防ぎ下層ページまで誘導するという形のホームページが理想です。

そしてお問い合わせフォームも忘れずに設置しましょう。最終的な目的がどこかを考えることが大切です。

今回は便利屋のホームページ制作で大切なことをまとめました。多くのユーザーが抱える悩みの多くは「何ができるのか?」「いくらなのか?」ということです。この部分を考えてホームページ制作をしていきましょう。

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。

お手数ではございますが、見積り依頼を送信する際にチェックを入れて頂きまして送信をお願い申し上げます。

選択してください