【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜カドロン編〜

【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜カドロン編〜

【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜カドロン編〜

カードローンの情報サイト「カドロン」が、2019年7月にリニューアルされました。今回は、カドロンがどのようなリニューアルを行い、どのような効果が期待できるのか、リニューアルポイントや向上した機能について解説します。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

1.リニューアルされたホームページとその運営企業について

まずは、リニューアルされたホームページがどのようなホームページなのか、そしてホームページ運営している企業について詳しく紹介していきます。

1. 運営企業「株式会社プラスワン」とは?

株式会社プラスワンはカドロンをはじめ、無人契約機の検索サイト「アトムくん」、経営者・個人事業主のための資金調達情報サイト「ビズローン」など、複数のインターネットメディアを運営している会社です。
ホームページ制作からコンサルティング業まで複数の事業があります。

平成22年3月に設立されたベンチャー企業ですが、多数のインターネットメディアを運営している実績があります。

2. カードローン情報サイト「カドロン」とは?

カードローンの情報サイトであるカドロンは、計画的なカードローンの利用をサポートする目的で作成されました。
ホームページの中でさまざまなキャラクターを用いることで、見やすく読みやすいホームページにしています。

カードローンやキャッシングで無理な借入をしてしまい、不幸な状況に陥ってしまう人を減らす、という理念のもとでホームページを運営しています。
はじめてカードローンを利用する人向けのコンテンツや、ローンや審査の体験談など、カードローンに関する情報が網羅されたホームページです。

2.「カドロン」のリニューアルポイント

カドロンは7月24日にホームページがリニューアルされ、よりユーザーニーズに沿ったホームページへと生まれ変わりました。
カドロンのリニューアルポイントについて、解説していきます。

1. レスポンシブデザインに対応

レスポンシブデザインは、デバイスの画面サイズに依存しないデザインのことを表します。
パソコンとスマホでは画面サイズが異なるので、それぞれに最適なホームページの表示方法は異なりますよね。

最近ではレスポンシブデザインのホームページは一般的であり、パソコンで見ても、スマホで見ても見やすいホームページを作るためには、レスポンシブデザインは必須です。
現代では、個人がインターネットを利用するデバイスの割合は、パソコンよりもスマホの方が多くなっています。
参考:ネット利用、スマホがPCを逆転(日本経済新聞)

ホームページをスマホビューに対応することは、ユーザーニーズに沿うことにも繋がります。

リニューアル前のカドロンは、レスポンシブデザインに対応しておらず、スマホだと文字が小さくなりすぎて見づらくなっていました。
リニューアル後は、スマホに最適化された画面表示となっているため、非常にホームページ内を回遊しやすくなっていますね。

2. ホームページのコンセプトを分かりやすく

カドロンのトップページでは、ヘッダー画像を用いてコンセプトを表現しています。
リニューアル前のコンセプトは「一人ひとりにあったカードローンをご提案」というものでしたが、ホームページを見るとどのような情報を得られるのかは分かりづらいと言えます。
リニューアル後のコンセプトは「カードローンやお金に関わる情報を分かりやすく解説しています」と変更されました。
カドロンのホームページを見ることで、ユーザーはどのような情報を得ることができるのかが、ひと目で分かるようになっていますね。

ユーザーはホームページを訪れてから数秒で、見るべきか離脱するかを判断します。
ファーストビューでユーザーが得られる情報(メリットやベネフィット)を伝えることは、ユーザーの離脱を減らすことが期待できるといえるでしょう。

3.「カドロン」リニューアルで向上した機能など

カドロンのリニューアル後は、リニューアル前に比べてよりユーザーが使いやすいホームページになりました。
ユーザービリティに配慮したリニューアル後の機能について解説します。

1.「借入シミュレーション」「借り入れ診断」ができるようになった

リニューアル後に純粋に追加された機能として、「借入シミュレーション」と「借り入れ診断」があります。
「借入シミュレーション」では、毎月の返済金額・返済期間・借入可能額のシミュレーションが可能です。
「借り入れ診断」では、年齢・雇用形体・年収・現在の借入金額を入力することで、おすすめのカードローンを紹介してくれます。

借入シミュレーションも借り入れ診断も、ユーザーが欲しいと思っている機能であると予想されますので、よりユーザーニーズに寄り添った機能の追加であると言えますね。

2. 追従ヘッダによってホームページの回遊性が向上

リニューアル前はホームページ上部に固定されていたメニューヘッダーですが、リニューアル後はページスクロール後も追従するように変更されています。
ヘッダーが追従することで、おすすめの記事やユーザーに見てもらいたい記事をアピールすることができますので、ユーザーのホームページ回遊性の向上が期待できます。

特にスマホでは追従ヘッダーのメニューをタップすることで、「借入シミュレーション」や「借り入れ診断」へのリンクが表示されるため、ユーザーにとっては非常に使い勝手が向上しています。

3. コンテンツスライダーで人気記事へアクセスしやすくなった

リニューアル前の人気記事は、サイドバーに人気上位の5記事が表示されていました。
リニューアル後はコンテンツスライダーを用いて動きをもたせることで、興味性を引くコンテンツにしています。

カドロンでは、各記事のアイキャッチが作り込まれているため、アイキャッチを大きく表示できるコンテンツスライダーはユーザーの目を引くことができるため非常に有効であると考えられます。

4.まとめ

以上、カドロンのリニューアルについて解説しました。

レスポンシブデザインに対応したり、コンセプトをより具体的に修正したりしたことで、ユーザーニーズに寄り添ったホームページへとリニューアルしたと言えるでしょう。
現代ではパソコンよりもスマホでホームページを閲覧する人が多いため、レスポンシブデザインに対応することは必須です。

また、借入シミュレーションや借り入れ診断といった機能の追加は、カードローンを利用しようと考えているユーザーにとっては、利用のイメージを掴むことができるため、とてもありがたい機能ですよね。

ホームページのリニューアルは、どれだけユーザーにとって使いやすく・分かりやすいものにできるか、といった点が重要です。
ユーザーのニーズを掴み、ユーザーニーズに寄り添ったホームページを作成しましょう。

リニューアル制作の費用などの詳しい内容はこちらをご覧ください。
ホームページリニューアル制作の費用や料金相場などをまとめて解説


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。