SEO対策とは?初心者のための基本解説!

SEO対策とは?~初心者のための基本解説~

初心者でもわかりやすいSEO対策について解説させていただきます。SEO対策はウェブマーケティングを行うにあたって需要なキーワードになります。

SEO対策を理解して自身のホームページをより良いものにしていきましょう。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

1.SEO対策とは

ウェブサイトを作ろうとしている方であれば、SEOという言葉は聞いたことがあります。SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン対策という意味です。

SEOはウェブサイトにとって、非常に重要な位置付けとなります。なぜなら、自分のウェブサイトを見てもらうためには、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで、特定の単語を調べた際に、自分のサイトが上位に表示されることが何より大切だからです。

SEO対策以外の手法で見てもらう方法は、SNSを使ったり、ウェブ広告を出すなどのものもありますが、SNSなら何万人ものフォロワーがいなければサイトへ誘導できる人数も限られますし、広告であれば当然ですが広告費を支払わなければなりません。

しかしSEOなら、無料でウェブサイトの閲覧を増やすことが可能です。

とは言っても、競合の多い単語で検索エンジン上位表示を成功させるのは非常に困難です。 ですからまずは、競合の少ない「スモールキーワード」での上位表示を目指しましょう。

ここでは、SEO対策の手法について説明していきます。

2.自分でできるSEO対策の種類は?

SEO対策はどのようにすれば実施できるのでしょうか。SEO対策には大きく分けて3つの方法があります。それは、内部対策、外部対策、そしてコンテンツ対策です。

この3つの対策を、ライバルよりも充実して実施すれば、自分のウェブサイトをライバルよりも検索エンジン上位表示でき、その結果より多くのアクセスを得ることができます。
では、それぞれどのような対策をすれば良いのか、順を追ってみていきましょう。

1.内部対策

SEOの内部対策とは、自分のサイトの内部、つまりサイトの構造自体に対策を施すことです。内部の構造と言われても分かりにくいかもしれません。従来はこの内部対策を実施するためには、ウェブサイトを表示する言語であるHTMLにコードを記述したり、場合によってはプログラムを新たに書いたり変更したりしなければなりませんでした。

内部対策の中で初めに実施したいのが、Googleに対して自分のウェブサイトの情報を正確に伝えることです。そのためにはGoogleが提供している「サーチコンソール(https://www.google.com/webmasters)」というサービスを利用するのが一番効果的です。

さらにウェブサイト内にどんなページがあるのかをGoogleに知らせるために、「XMLサイトマップ」の設定や、ページ内に「パンくずリスト」を表示させるなどの施策が必要です。

2.外部対策

SEOの外部対策とは、自分のウェブサイト以外の場所でSEO対策を実施することを意味します。 外部対策の中で最も重要なのが、自分のウェブサイトのページにリンクを貼ってもらう「被リンク」の施策です。

一時期はこの被リンクがSEOの主流となっていましたが、最近ではそこまで極端には重視されなくなってきました。また、被リンク数が多ければ多いほど良いとも言われていましたが、現在では量より質が重視されています。

そうはいってもまだ外部対策はSEOの中で比較的重要な位置付けとなっていて、この外部対策=被リンクを無視していては、なかなか検索エンジンで上位表示されるのは困難です。ではのようにして被リンクを得ればいいのでしょうか。

まず利用したいのがSNSですSNSでコンテンツを拡散してもらい、ブログなどで紹介してもらい被リンクを増やす方法です。

もう一つは、いわゆるサテライトサイトと呼ばれる自分で作った外部のサイトから、メインとなるウェブサイトへリンクを貼ることで、被リンクを増やしてくものです。しかし自作リンクはGoogleにバレてしまうこともありますので、現在ではあまり推奨されていません。

3.コンテンツ対策

コンテンツ対策とはウェブサイト内のコンテンツ(投稿や固定ページ)自体に対策を施すことを意味します。GoogleはSEOについて「良いコンテンツが上位表示される」と明言しています。ということは、SEOに関して現在ではこのコンテンツ対策が最も重要であると言えます。では、良いコンテンツとはどういうものなのでしょう。

一つは、コンテンツを見にきたユーザーにとって、有益で価値のある情報が書かれていることが重要となります。この有益とか価値があるという表現はやや難しいですが、言い換えればオリジナリティがあり、読みやすいコンテンツということです。

ですから最も問題なのが、他のサイトからコピペしてきたような似たり寄ったりなコンテンツを作ってしまうことです。他のサイトと類似した内容では、検索エンジンはあなたのページを価値があるとは判断してくれません。

また、コンテンツの量、文字数も重要なコンテンツ対策です。少し前までは1500文字程度で大丈夫と言われていたページあたりの文字数ですが、現在では最低でも3000文字からと言われています。
簡単に投稿を追加できるWordPressなどのCMSのサイトなら、文字数も投稿数も、比較的容易に増やしていけます。

WordPressとCMSについての記事はこちらをご覧ください。
WordPress(ワードプレス)とは?
CMSとは?

3.SEO対策するためにまずやっておきたいこと

さてでは実際にSEO対策を実施しようとした場合、どのような順番で進めていけば良いのでしょうか。一般的な手法をひとつつずつ順を追ってみていきましょう。

1.検索エンジンの表示で上げたいキーワードを決める

SEO対策の中で最も重要で、そしてある意味最も難しいのが「検索キーワードの策定」です。簡単に言えばどの単語で検索エンジンの上位表示を狙うのかということです。

前述の通り、あまりに人気のキーワードは、すでにたくさんの競合が埋まっていて、あとから参入しても上位表示させるのは難しく、かと言ってあまりに検索されない単語で上位表示されても、検索からの流入の数は期待できません。そのちょうどいい中間地点の単語を見つけることが、SEO対策の最大のポイントと言えるでしょう。

2.検索ユーザーが何を知りたいかというニーズを理解する

自分が検索エンジンを使う際のことを思い起こしてください。どんな時に検索エンジンを使いますか?

検索エンジンいうのは、ユーザーの疑問を解決するために使われるケースがほとんどです。ということは、そのユーザーニーズ、つまりユーザーをきちんと分析し、その疑問にちゃんと答えられているか、解決できるかがコンテンツの価値ということになるのです。

そのため、コンテンツを作る際には必ずこの疑問解決型の内容になっているかを意識することが重要です

3.ユーザーがどれくらい検索しているかが検索ボリューム

検索ボリュームとは、特定の検索キーワードが、どのくらいの数で検索されているかという数字です。このボリュームが多ければ、より多くの人がそのキーワードで検索している、つまりニーズのある単語で、逆の場合はニーズが少ない単語と言えるでしょう。

検索ボリュームを確認するためには、キーワードプランナーというGoogleのツールを使うのですが、これはGoogle広告を出すためのアカウントを作る必要があり、少々ハードルが高くなっています。

キーワードプランナーを使わなくても「http://aramakijake.jp」などのサービスでも、簡易的に検索ボリュームはチェックできます。

4.ライバルに勝つための競合サイトを洗い出す

SEO対策において競合サイトをチェックするというのも、重要な施策になります。競合するキーワードで上位表示されているライバルの状況を把握して、ある部分は参考にして、さらにその上に行くためには何をすればいいのかを考えてください。

競合サイトを探すのは簡単です。自分が狙いたいキーワードでGoogleなどで検索し、その検索結果の上位から順番にチェックしていけば良いのです。まずは上位表示されているサイトが、なぜ上位なのかをよく分析してみましょう。

5.まとめ

SEO対策というのは、日々変化しているものです。Googleはどのような基準で検索順位を決めているかを公に公開していませんので、常に最新の情報を取り入れ実際にトライアンドエラーで順位を上げていくしかないのです。

それでもまずは、今回ご紹介したような基礎的な施策を実施し、一定の順位で自分のウェブサイトが表示されるようにしてみてください。その上でさらに上を目指すには何をすればいいのか、チャレンジしていきましょう。


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。