301リダイレクトと302リダイレクトの違いの理解をして知識をつける!

301リダイレクトと302リダイレクトの違いの理解をして知識をつける!

301リダイレクトと302リダイレクトは、ウェブサイトの運営において重要です。

ドメインの変更やウェブサイトのリニューアルをするときに、リダイレクト設定をしてURLを転送します。使い分けて、ユーザーや検索エンジンを適切に誘導しましょう。

1.301リダイレクトと302リダイレクトの重要性

ウェブサイトを運営していると、計画的にコンテンツを更新していても、サイトの見直しが必要になるはずです。その時に、正しいリダイレクト設定をすることは、健全なサイト運営やSEO対策において重要です。

リダイレクトとは、旧URLへのアクセスを別のURLへ転送する仕組みのことです。ウェブサイトのドメインやページを変更する際は、リダイレクトの設定をします。リダイレクトの設定がされた、古いドメインを残している間は、処理が継続されます。

301リダイレクトと302リダイレクトの違いは、恒久的な転送か一時的な転送かです。301と302の数字はHTTPステータスコードとして、サーバーとブラウザのやり取りに使われます。HTTPステータスコードは、3桁の数字で表され、100番台から500番台まであります。300番台は、クライアントからのリクエストを完了させるために必要な追加処理のコードです。検索結果で表示されるサイトURL情報にも違いが出ます。301の場合はリダイレクト先の新しいURLとなり、302の場合は通常、元のURLのまま表示されます。

リダイレクトの設定は、サーバーソフトウェアの設定もしくはサーバーサイドで動作するプログラミング言語を使用する方法が一般的です。ほかにも、クライアントサイドで動作するJavaScriptや、HTMLの記述で対応する方法もありますが、あまり推奨されていません。

2.301リダイレクトは恒久的な転送

301リダイレクトは、ウェブサイトが恒久的に移転することを意味します。新しいドメインに変更する場合など、完全に移転するときは301を使います。301リダイレクトを使うと、移転前に獲得したコンテンツの評価や被リンクを、移転後のサイトでスムーズに引き継げます。301リダイレクトを正しく使っていれば、検索エンジンが処理にかかる期間は短くなるでしょう。

1.ドメイン変更にともなう301リダイレクト

ウェブサイトを新しいドメインに移転する場合は、301リダイレクトを使います。完全移転であれば、301で検索エンジンに知らせるのがセオリーです。301で設定されていれば、検索エンジンはデータベースに新しいドメインをインデックスします。

仮に302リダイレクトで設定した場合はどうなるのでしょうか。HTTPプロトコルにおいて、302は一時的なリダイレクトを意味します。転送はされますが、検索エンジンのインデックスは、通常、古いインデックスのままです。しかしGoogleでは、302であっても、長い期間リダイレクトが続いている場合は、301の扱いをすることがあります。これは設定が間違いであると判断されたからです。ただ、設定どおりに302として扱われる限り、検索結果に表示されるドメインは古いURLのままです。

ドメイン名を変更した場合は、できる限り短い期間で検索エンジンとユーザーにサイト移転を知らせるべきでしょう。完全移転であれば、301を使ってください。

2.ドメイン正規化のための301リダイレクト

URL表示を統一して正規化することは、ウェブサイトの管理において重要事項です。公開されているウェブページは、それぞれが一つのURLであることを求められます。複数のURLでアクセスできるページは、301リダイレクトを使ってURL表示を統一するとよいでしょう。

正規化とは、重複しているデータを整理することです。もし、複数のドメイン名でアクセスできるなら、優先すべき一つのドメインにリダイレクトさせて、正規化したほうがよいでしょう。なぜなら、アクセスされたURLごとに分散していた評価が集約されるからです。

ドメインの正規化が必要な重複URLの例として、次のような状態が挙げられます。

  • サブドメインであるwwwの有無
  • トップページ表示におけるindex.htmlやindex.phpなどの拡張子の有無
  • トップページ表示におけるドメインの後のスラッシュ(/)の有無
  • SSL導入後のhttps://と導入前のhttp://の有無(SSLはデータを暗号化して送受信する仕組み)

2通り以上のURLでアクセスできるサイトは、検索エンジンからはそれぞれが別のウェブサイトとして判断されてしまいます。そのため、アクセス数が別々にカウントされます。また、別サイトに同じコンテンツがあることになり、ミラーサイトとして扱われるかもしれません。複数のURLでアクセスできると、Googleなどからペナルティー対象にされかねません。

    

ペナルティについての詳しくはこちらの記事をご覧ください。
Googleペナルティとは?初心者のための基本解説!

3.ページ単位で行う301リダイレクト

301リダイレクトを使えば、特定のページから特定のページへ転送することが可能です。301リダイレクトを使いたい場合は、例えばサーバーソフトウェアの設定ファイルに、アクセス元のURLと転送先のURLを記述します。転送先のURLは、同一ドメイン内でも別のドメインでも指定できます。

また、ディレクトリへのアクセスを別のディレクトリへまとめてリダイレクトすることも可能です。ただし、この場合は元のディレクトリ内のファイル名と転送先のファイル名が一致していることが条件です。

サイト内のディレクトリやファイルの構成に変更がなければ、新しいドメインの指定だけで、各ページにリダイレクトできます。しかし、サイト構成が異なる場合は、ページごとに個別のリダイレクト設定が必要です。

3.302リダイレクトは一時的な転送

302リダイレクトの一時的とは、1、2週間以内が目安のようです。恒久的な301リダイレクトで設定して、転送先ドメインに情報が引き継がれるまでは、最短でも2、3週間はかかると考えられます。それより短い場合は、302で設定するとよいでしょう。

302リダイレクトでも、転送先の新しいコンテンツがインデックスされますが、検索結果の表示では元のURLが表示されます。対して、完全移転などで使われる301リダイレクトでは、転送先URLが表示されます。

近い将来に、ウェブサイトを移転する計画があっても、一旦すぐに戻すのであれば、302リダイレクトを使うとよいでしょう。301リダイレクトの設定を解除しても情報が戻るまでに時間がかかります。

1.サイトのメンテナンス中は302リダイレクト

ウェブサイトのメンテナンスでページを公開できない場合に、メンテナンス中の画面を表示するとします。その場合は、メンテナンス中のページを作成し、公開できないページにアクセスしてきたユーザーを302リダイレクトで転送します。

2.スマホサイトへの誘導は302リダイレクト

スマートフォンでウェブサイトにアクセスしているときに、スマートフォンサイトへ誘導されたことはないでしょうか。この場合、Webサーバーでの設定は、302リダイレクトです。

多くの場合は、301リダイレクトが推奨されますが、このケースでは302リダイレクトが推奨されます。ユーザーが利用しているデバイスがパソコンなのかスマートフォンなどのモバイルなのかで、適切なサイトは変わります。デバイスごとのサイト切り替えで使うのは302リダイレクトです。

4.まとめ

301リダイレクトと302リダイレクトの違いは恒久的か一時的かです。完全移転や複数サイトの統合であれば、301リダイレクトを使います。302リダイレクトは、サイトのメンテナンス中であったり、移転計画はあるがすぐに戻す予定であったりするとき使います。また、ユーザーがモバイルデバイスを利用しているときのサイト切り替えも302リダイレクトです。

301か302でリダイレクト設定をしておけば、転送は行われます。ただ、301や302はHTTPステータスコードであり、数字の意味は決まっています。Googleの仕様や解釈が変わることもありますが、セオリー通りに使っていれば問題ないでしょう。