Googleペナルティとは?初心者のための基本解説!

Googleペナルティとは?~初心者のための基本解説~

Googleペナルティは、検索結果に大きな影響を与えます。
すべてのウェブサイトの管理者にとって、知っておくべき事柄です。Googleが求める、健全なSEO対策と高品質なコンテンツの提供について解説します。

1.Googleペナルティとは

Googleは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に準拠していないサイトに対してペナルティを科します。ガイドラインには、サイト作成における偽装行為や不正行為についての説明が記載されています。Googleペナルティは、検索結果の改善のために行っている対処です。ウェブサイト制作に携わる方であれば、目を通しておくべきガイドラインです。

Googleペナルティを受けると、検索結果に大きく影響します。Googleのガイドラインに対する違反が発覚すると、検索結果から削除されることがあります。削除されたサイトは、検索結果に表示されません。完全削除という厳しいペナルティを科せられなくても、スパム対策の影響を受け、検索順位は著しく下がるでしょう。

2.Googleペナルティを受ける原因

サイト運営者の中には、不正な手法を用いて、検索サイトでの上位掲載を試みる人達がいます。検索エンジンの登場以来、コンテンツの有益性よりも、SEO対策ばかりに重点を置く、サイト運営者が残念ながら増えています。

しかし、インターネットを利用するユーザーには、読み応えのある有益な情報が必要です。検索キーワードに関する、良質なコンテンツが上位表示されることが望まれます。過剰なSEO対策で、ウェブサイトのランキングが決まることは望まれていません。

Googleは、サイト運営者向けのガイドラインを公表するなど、サイト作成に求める方針を説明しています。そして、悪質な違反行為をするサイト運営者に対しては、厳しいペナルティを科すことで対処しています。

3.Googleペナルティには自動ペナルティと手動ペナルティがある

Googleのスパム対策は、クローラで自動的に実施する方法と、担当者が手動で実施する方法の2つに分けられます。Googleアルゴリズムは、ほとんどのスパムを発見し、検索結果から削除するでしょう。しかし、Googleスタッフがサイトに目を通して確認する方法も実施されています。

Googleでは、アルゴリズムの評価や見直しを行い、クローラによる検索結果の改善に努めているはずです。徹底的に研究された自動的なスパム対策に加え、人間の目視で手動による対策を行うことでGoogle検索の品質は維持されます。

1.自動ペナルティとは

Googleクローラの役割は、ウェブページにアクセスし、コンテンツを分析してから、インデックスに登録することです。ウェブページがガイドラインに準拠している場合、Google検索結果に表示されます。

また、Googleは、ウェブサイトの新しいページや更新されたページを検出するために、クロールを実施しています。もし、Googleのアルゴリズムによりスパムが検出されると、自動的に対処されるでしょう。

2.手動ペナルティとは

Googleでは、担当者がウェブページを目視で審査しています。実際に、人間がコンテンツを確認して、ガイドラインに準拠しているかの判断をしているのです。担当者がガイドラインへの違反行為を発見した場合、手動で対策を実施します。

手動による対策とは、検索インデックスの操作です。違反行為のあるサイトは、検索順位が下がったり検索結果から除外されたりするペナルティを受けます。

手動ペナルティを受けているかは、Google Search Consoleで確認できます。Search Console(サーチコンソール) は、掲載順位の改善に役立つ無料サービスです。Search Console(サーチコンソール)に登録しておくと、自分のサイトがGoogleからどのように認識されているのかが分かります。

Googleは、Search Console(サーチコンソール)の登録者に対しては、手動ペナルティを実施したことを通知します。

4.Googleペナルティを受けたときの対処

Googleペナルティを受けると、ウェブサイトの一部もしくは全部がGoogle検索結果に表示されません。Googleからペナルティを解除してもらうには、検出された問題を解決する必要があります。

また、手動ペナルティであればGoogleからの通知があり、自動ペナルティには通知がないという違いがあります。手動ペナルティの場合は、Search Console(サーチコンソール)の「手動による対策」レポートで確認できます。自動ペナルティの場合は、掲載順位の急激な低下などから判断しなければなりません。

1.手動ペナルティの場合

「手動による対策」レポートには、影響を受けているページなどの詳細と、問題を解決するための手順が記されています。サイトの問題は、Googleから指摘されたレポートを基に、修正してください。

修正を終えたら、サイト管理者はGoogleに対して、Search Console(サーチコンソール)から再審査リクエストをする必要があります。再審査リクエストには、修正した内容を記述します。記述する際に留意しなければならない事柄は、品質に関する問題の正確な説明、修正のために行った手順、取り組み結果の3点です。再審査にかかる期間は、数日から1、2週間です。

2.自動ペナルティの場合

自動ペナルティを受けたと考えられる場合は、ウェブマスター向けガイドラインを基にサイトの見直しをする必要があるかもしれません。ただし、SEOを重視している場合は、日頃からガイドラインに準拠したサイト管理をしているのではないでしょうか。

ガイドラインに違反していると考えにくい場合は、Googleアルゴリズムの更新による順位変動かもしれません。掲載順位の低下は、詐欺行為や不正行為だけではありません。検索ロボットは運営者情報や著者情報、記事の根拠に関する情報があるかまで、調査できます。

5.まとめ

Googleペナルティには、手動による対策と、検索エンジンによる自動的な操作の2種類があります。

手動による対策は、Googleの担当者が目視によりサイトを調査し、ペナルティを科すことを指します。手動による対策の場合は、Search Console(サーチコンソール)へ登録しているサイト管理者には、通知が届きます。サイト管理者は、届いたレポートを基にサイトを修正した上で、再審査リクエストをしてください。ペナルティが解除されなければ、サイトの一部もしくは全部が検索結果に表示されません。

Googleアルゴリズムによる自動的な操作では、詐欺行為や不正行為があれば検索結果から自動的に削除されます。また、Googleアルゴリズムは、検索結果の品質を改善するために、アップデートされます。アップデート後に、掲載順位が大きく変動した場合は、サイト内に修正すべき点が新たに見つかった可能性があるでしょう。

いずれにしても、「ウェブマスター向けガイドライン」を熟知し、健全にサイト管理することが求められます。もちろん、高品質なコンテンツを提供することは、Google検索のランキングに大きく影響するでしょう。