UIとは?初心者のための基本解説!

UIとは?~初心者のための基本解説~

UIとは、ディスプレイ上でユーザーが目にするフォントや画像などの全ての情報のことを指します。
UIはサービスの成果に大きく影響する要素であり、何かを開発していく上で欠かせない要素です。

こちらではUIの概要と関連する知識についてまとめています。

1.UI(ユーザーインターフェース)とは?

UIとは、「User Interface(ユーザーインターフェース)」の頭文字をとった略称で、ユーザーと製品やサービスなどの接点のことを指します。主にユーザーとデバイスの接点を表す意味として用いられ、フォントや画像、ボタン、全体的なデザインなどデバイス上でユーザーが目にするディスプレイ上の情報の全てをUIと呼びます。

UIはユーザーに心地よく製品やサービスを使用してもらう上で非常に重要な役割を担っています。

UIが整っていれば整っているほど求める成果を出しやすく、UIが整っていなければ整っていないほど成果を出すことが難しくなります。そもそも整えられていないUIはユーザーが違和感で離れてしまうため、成果を出る出ない以前の問題になってしまいます。

良いものを作ったとしてもUIが整っていなければユーザーには届かないのです。そのため、UIはユーザーにサービスを届ける上で異常に重要な要素であり、現在ではUIデザイナーという職業まであります。

2.UI(ユーザーインターフェース)以外のインターフェースの種類

インターフェースには全部で3つの種類があります。
UI以外のインターフェースには、機械同士をつなぐ「ハードウェアインターフェース」とソフトウェア同士をつなぐ「ソフトウェアインターフェース」の2つがあります。

1.ハードウェアインターフェース

ハードウェアインターフェースとは、機械同士をつなぐものや接続するための規格などのことを指します。
機械同士をつなぐものの例としては、コンピュータと周辺機器を繋ぐためのケーブルなどが挙げられます。
また、ハードウェアインターフェースではアダプターやプラグ、ソケットなどのコネクターや電気信号などの形式が定められています。

そのため、機械ごとのメーカーが異なっていてもケーブルなどで繋いで使用することが可能です。

2.ソフトウェアインターフェース

ソフトウェアインターフェースとはソフトウェア同士をつなぐもののことを指し、APIなどがその例として挙げられます。
APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)」の頭文字をとった略称で、ソフトウェアの機能を外部から呼び出して使用するための仕様のことを言います。
APIはアプリケーションの開発でよく用いられ、あるアプリで使われている機能を開発したいアプリに取り入れることを可能にします。

3.ユーザビリティとは

ユーザビリティとは、ユーザーにとっての使いやすさを表す言葉で、特にハードウェアやソフトウェアにおける使いやすさの意味で用いられます。

ユーザーがハードウェアやソフトウェアを使うにあたって迷いなく簡単に使用できるものはユーザビリティが高いと言い、簡単に使用できないものはユーザビリティが低いと言います。

ユーザビリティはUIを整えていく上での最も重要な指標であり、ユーザーに心地よく製品やサービスを使用してもらうために欠かせない考え方です。

ユーザビリティについての詳しくはこちらの記事をご覧ください。
ユーザビリティとは?初心者のための基本解説!

4.まとめ

UIとは、ユーザーと製品やサービスなどの接点のことを指す言葉です。
現代は主にユーザーとデバイスの接点を表す意味として用いられており、ディスプレイ上で見られるフォントや画像、ボタンなどの全ての情報をUIと呼びます。

UIを整えていくには、使いやすさを意味するユーザビリティという考え方が重要になってきます。
ユーザビリティが高ければ高いほどUIが整っているということができ、ユーザビリティが低ければ低いほどUIが整っていないということができます。

UIが整っているかどうかは成果に大きく影響を与える重要なポイントです。
どれだけサービスが良くてもUIが整っていなければ成果を得ることはできません。 これはホームページの作成においても同様のことが言えます。

ホームページを作成する際は、ユーザー視点になってユーザーにとって使いやすい分かりやすいデザインを心がけることが大切です。
ホームページを作成する方は、是非UIを意識して作成してみてください。