【2019年版】社労士事務所のホームページ制作についてまとめてみた

【2019年版】社労士事務所のホームページ制作についてまとめてみました

社労士事務所のホームページに訪れる人は、社労士がどのようなことをしてくれるのかをメインに見にきている場合が多いです。

そしてその事務所の特徴も一緒に見られています。社労士と聞くと真面目で堅いイメージを持つ人が多いので難しすぎないようなホームページを制作していけるようにしたいですね。

他の社労士事務所がどのようなホームページにしているのか参考にしていきましょう。

1.参考にしたい社労士事務所のホームページを解説

1.社会保険労務士事務所ふじまき事務所


https://www.fujimaki-sr.com/

「社会保険労務士事務所ふじまき事務所」は標準的なホームページの構成でありながらも、上手くまとめられています。標準的なホームページ制作をしていきたいという場合には参考にしたいホームページです。

トップページのコンテンツは「サービス内容」と「代表のあいさつ」「社会保険労務士事務所ふじまき事務所の特徴」という感じでメインの部分は分かるようになっています。テキスト部分とボタン部分で分けられているのでメリハリもあって良いですね。

サイドカラムも途中から用意されていて、基本的な情報も知ることができます。フッターには電話番号とお問い合わせフォームが置いてあり、すぐに連絡をすることができるようです。

固定してお問い合わせフォームのボタンを置いてはいないものの、最後にあるので見落としもなさそうですね。

料金のページでは表になってまとめられていて見やすくなっています。他の下層ページも画像等が使われていて見やすいです。サイドカラムどこのページにもあるので、基本情報はホームページでのどこにいても見られるようになっています。

変わったことがあるホームページではないですが、全体的なバランス等参考になりますね。

2.社会保険労務士法人クラシコ


https://classico-os.com/

「社会保険労務士法人クラシコ」はニュースサイトのようなホームページになっています。社労士事務所なのか確認しなおしてしまうくらいイメージと違い、見ていて楽しいホームページです。

メインビジュアルは一応あるのですが、コラムのような感じで一般的なメインビジュアルとは違っています。コラムがそれぞれ載っていてそこからも他のページへ飛ぶことができて、面白いデザインですね。

トップページの長さは少し長いですが、1つ1つのコンテンツのスペースが大きく取られているので読んでいて長いと感じることはありませんでした。テキスト量も程よい感じで5分もあればトップページ全体を読むことができそうです。

また、表も交えてクライアントの上昇も見せているので分かりやすくなっています。お客様の声を載せているのも良いですね。実際に依頼したクライアントからの意見があることで信頼感も高まっていきます。

話してくれている人の画像も挿入することでさらに信頼感に繋げているので、効果的な表示の仕方です。できれば口コミ等はこのような形で載せると良いでしょう。

下層ページはテキストが多めにはなっていますが、詳しく説明するには必要な量です。多いと感じるようであれば制作する際に、画像や表を挿入するようにしてみるのも良いですね。

社労士事務所のホームページでありながら全体的にかっちりとしたイメージがなく、気軽に話ができそうな雰囲気です。社労士事務所のイメージをホームページで変えられるのは凄いですね。こういったホームページも選択肢に入れておきましょう。

3.社会保険労務士法人プロフェス


https://www.sr-profess.com/

「社会保険労務士法人プロフェス」は黒をベースに使っているホームページです。ホームページのベースの色で黒を使うのは珍しいですね。ベースに使っているとは言ってもそんなに多用しているわけではないので、邪魔にはなりません。色の使い方は参考になりそうです。

メインビジュアルのすぐ下には企業理念が書いてあり、最初の段階で社会保険労務士法人プロフェスのことが知れます。初めのコンテンツになるので、注目されますね。企業理念をどこに載せるのかは企業によっても違いますが、最初の方に載せておくことで理解も深まるので良いタイミングです。

下層ページはテキスト中心ですが、1つ1つの説明が短いので、読んでいて疲れることはありません。すぐに読めるので読み飛ばされる心配もなく、テキスト量は参考になりそうです。

コンテンツにはスタッフ紹介もあり、1人1人の顔を見ることができます。基本的には長い付き合いになるので顔が見られるのは安心です。載せられる範囲で載せておいた方が良さそうですね。

社会保険労務士法人プロフェスはどこのページにも最後にお問い合わせ情報を置いています。しっかりと最後にはお問い合わせ情報を刷り込むことで、自然とお問い合わせは増えていくのでホームページを制作する際には置いておきたいですね。

4.名古屋中央社会保険労務士法人


https://nagoya-roumu.jp/

「名古屋中央社会保険労務士法人」はパッと見かっちりとしたイメージのホームページですが、トップページの中盤にある選ばれる3つの理由を見るとそうでもない感じもします。

この選ばれる3つの理由はどこかゲームのような雰囲気を醸し出していて、面白いです。全体を同じようなデザインにしてしまうと、緩いイメージになってしまい逆効果ですが、1部分だけであれば抜け感になって良いですね。

どこでどういうものを載せるかによって大きくイメージが変わるので、その点は考えましょう。

トップページの背景は固定されているところが多く、スクロールしていて他のホームページとの違いを感じることができます。色々なところで工夫が見られて面白いホームページだということが言えそうです。

下層ページは特に変わりなく、一般的なホームページと同じ感じです。画像の挿入頻度等は問題なく、見やすいように作られています。代表の画像が所々に入ってきているので良いアクセントになっていますね。

2.社労士事務所のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

社労士事務所のホームページ制作費用の相場は400,000円程度です。一般的なホームページとして作られるものが多く、ホームページで差別化を図っている社労士事務所は少ないように思えます。その分大きく費用が高くなるということはなく、大体相場程度で収まりそうです。

トップページの費用は100,000円程度で収まります。トップページが長くなることもあまりなく、アニメーション等もないことが多いので大きなズレはないでしょう。

下層ページは1ページあたり30,000円程度。標準的な価格で制作することができます。社労士事務所の場合下層ページは10~15ページには収まるので、ボリューム感も程よい感じです。

社労士事務所の仕事の範囲や簡単な目安の相場が分かる下層ページを制作している社労士事務所が多かったので、その辺を網羅しつつ制作していくと良いでしょう。

バナーやロゴはそれぞれ20,000円程度から制作できますが、必要なければ必要ないでも問題ありません。印象に残るようなものを制作して他と差別化するのもありですね。

お問い合わせフォームの費用は30,000円程度なので設置しておくべきです。メニューバーに固定するということもできるので、必要な場所に設置しておくとお問い合わせに繋がります。

3.社労士事務所のホームページを制作する際のポイントと注意点!

社労士事務所のホームページの役割は企業理念や業務の紹介をして、会社に興味を持ってもらうこと。なかなか知っている、理解があるという人は少ないのでどういう仕事なのかをしっかりと分かるようにホームページ制作していきたいですね。

どのような構成にしていけば分かりやすく伝わるのか、制作時のポイントや注意点を見ていきましょう。

1.制作時のポイント

社労士事務所のホームページ制作時のポイントはサービス内容をしっかりと明記することです。そもそも社労士とは?というユーザーも多いので、できることやサービス内容は明確にしておきたいですね。

多くの社労士事務所の場合、業務案内として載せているところが多いのでそれに乗っ取る感じで載せておくと分かりやすいでしょう。もう少し噛み砕いた言い方にしたいのであれば「社労士の仕事」「社労士の業務内容」等であれば分かりやすいと思います。

見せ方としては、もちろん業務内容は書くのですがただ単に文字だけ並べても素人からしたら何のことやら分からないことだらけです。具体的に説明しようとしても、またそれも難しいのが社労士の業務内容ですよね。簡単に伝えるためには、その業務をすることで何が済むのか、どんなメリットがあるのかを書いておくと良いです。

具体的かつ相手の身近なことに置き換えることで、理解も深まりやすくなります。ぜひ意識してみてください。

2.制作時の注意点

制作時の注意点は、伝えたいことだけをつらつらと書かないようにするということです。社労士事務所のことを伝えようとすると、どうしても難しいことが並んでしまいます。それではユーザーには伝わらないですし、そもそもホームページを見る気もなくなってしまうでしょう。

せっかく伝えるためにホームページを制作しているのに、それではもったいないです。では、どうしたら良いのでしょうか。それは、テキストだけにしないということです。具体的には画像を挿入したり、表を挿入したりすると見やすくなります。

サービス業なんかと違って、働いている様子を載せてもしっくりとこないので関連のある画像を選定するとバランスが良いです。

特にないという場合は、イメージとして一般的にあるものを考えると挿入しやすくなります。例えば給与計算のことであればお金画像や計算の表、保険に関してのことであれば何かのデータや積まれた書類なんかといった感じで近い画像で問題ありません。

ちょっとでも長いなと思ったら、積極的に挿入していくことをオススメします。

4.社労士事務所のホームページ制作のまとめ!

社労士事務所のホームページは堅い印象を持たれがちですが、そんな風にする必要はありません。真面目なことを書くから真面目なデザインのホームページを制作する必要はないのです。

むしろ真面目に思われる業種だからこそ抜け感があっても良いですよね。もちろんあまりにも抜けていると信頼感がなくなってしまうので、バランスが大切です。

しっかりと制作する際に相談して、どういうイメージを持たれるホームページにしたいかを考えておきましょう。

それからくれぐれも素人が見るということは忘れずに。その職に勤めていると当たり前のことでも、世間一般ではそうでないことは沢山あります。例え法人相手でも中身は人です。しっかりとその辺も考慮してコンテンツを作ると、社労士事務所への理解も深まります。

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。