全国対応年中無休 24時間電話受付 携帯・PHSからも通話可能
0120-900-5870120-900-587
簡単一括見積はこちら

【2020年版】SEO対策にかかる費用は?料金相場を詳しく解説!

【2020年版】SEO対策にかかる費用は?料金相場を詳しく解説!

SEO対策を施すことにより、ホームページの検索順位が上がってユーザーの流入を増やすことができます。SEO対策には専門知識が必要となるため、外注する方も多いです。

ではその費用はどのくらいかかるのでしょうか。費用体系や対策内容別に詳しく解説します。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

このページの目次

記事監修者の紹介

田丸 修太

株式会社エフ・コネクト マネージャー
飲食業界からWEB業界へ転身後、自社のWEB広告運用を担当。
現在はマーケティング領域からサイトのディレクション、お客様のヒアリング対応まで幅広く業務に携わっています。

1. SEO対策に費用をかけるべき?

そもそもSEO対策に費用をかけることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。そしてSEO対策に最適な業界、または向いていない業界はあるのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

1-1. SEO対策を依頼するメリット

SEO対策を依頼することによって、主に「SEO知識が身につく」「ホームページのブランディング」「資産の蓄積」といった、3つのメリットがあります。

1-1-1. メリット1 SEO知識を身につけることができる

Googleの検索エンジンは誕生以来、日々進化しています。長年に渡り変化しているので、その仕組みはとても複雑です。そのため個人でSEOに関する情報を収集して対策しようとすれば、とてつもない時間や労力がかかります。

一方、SEO対策に詳しい専門家はこうしたSEOの変化や仕組みに詳しく、最新の情報を蓄積しています。専門家に依頼することで、最新のSEO知識に沿った適切な対策を施してくれます。そして急なアップデートが発生したとしても、すぐに対応してくれるでしょう。
なによりも、最新のSEO対策に基づいた適切なアドバイスがもらえます。

【SEO対策に基づくアドバイス例】
・基本的なSEO知識や最新の動向
・CV数やPV数をどのように上げれば良いのか
・最適なコンテンツ作成の方法

自分で調べるよりも、手っ取り早くSEO情報を得ることができますし、最新のSEO対策を学ぶことができます。

1-1-2. メリット2 ホームページのブランディングになる

SEO対策は、表面的な改善では結果が出ません。キーワード対策やメタディスクリプション設定などの基本的な対策だけではなく、コンテンツの精査・競合の調査・集客アップのための改善などが必要となります。

SEO対策を依頼することによって、こうした総合的なアドバイスがもらえます。ホームページのブランディングにもなり、ユーザーからの信頼度も向上することでしょう。

1-1-3. メリット3 資産となる

SEO対策を成功すれば、特定のキーワードで検索された際に、自社ホームページが上位に表示されます。検索ユーザーは上位のホームページをチェックしていくので、自然とユーザーの流入が増え、売上アップにも繋がります。

とはいえ、すぐに流入が増えるとは限りません。SEO対策の結果が出るのは、数ヶ月ほど時間がかかってしまうためです。しかし上位表示さえ維持できれば、そのコンテンツはユーザーを自動で招いてくれる「資産」となります。
24時間稼働してくれる「広告」の役割を果たしてくれるので、集客や売上の向上に繋がります。

1-2. SEO対策に向いている・向いていないコンテンツ

SEO対策はどの業界・コンテンツでも最適な訳ではありません。すぐに結果が表れやすいものもあれば、ほとんど順位が変わらないものもあります。
以下、SEOに向いている・向いていないコンテンツを詳しく解説します。

1-2-1. SEO対策に向いているコンテンツ

◯人に相談することが難しい問題
・借金
・うつ病
・隣人トラブル など

上記のような問題は、他人に相談がしづらいため、ネットで情報収集する人が多いです。そのため検索エンジンを活用することが多く、上位表示されるホームページやコンテンツの閲覧数は自然と増えます。
そのため、「人に言いづらい悩み事や問題などのコンテンツ」はSEO対策に向いています。

◯長期間に渡って検討される商品やサービス
・ブランド品
・車
・リフォーム など

比較的高額で長期間に渡って使用することが多い商品やサービスの場合、多くのユーザーは失敗を恐れて、検索エンジンを活用して情報収集をします。WEB上にあるお役立ちコンテンツや口コミを念入りに調べるため、キーワードや検索方法を色々と変えながら検索していきます。
そのため「比較的高額」であり「使用期間が長い」商品やサービスは、SEOとの相性が良いです。

1-2-2. 向いていないコンテンツ

◯大手ポータルサイトがすでに定着している
・旅行
・美容院
・不動産 など

たとえば賃貸物件を探そうと思ったときに、ユーザーはまず、大手のポータルサイトにアクセスすることでしょう。そこに登録されている物件を巡ったり、サイト内に投稿された口コミを収集したりと、ポータルサイト内を巡回します。そのため検索エンジンを活用される機会は少なくなります。このように検索エンジンがあまり活用されない業界はSEO対策が難しくなります。

自社業界内にて、すでに大手ポータルサイトがないかどうか、確認しておくと良いでしょう。

◯購入期間が短い、あるいは全く新しい商品やサービス
・日用品(ティッシュ、雑貨など)
・市場にまだ出てない新商品 など

ティッシュや野菜、雑貨などの日用品は、わざわざ検索エンジンを使用して念入りにチェックする人は少ないです。そして、市場にまだ出ていないような新商品も、検索エンジンで複数回検索することもありません。そのためこれらの商品やサービスはSEOとの相性はあまり良くないでしょう。

2. SEO対策の費用体系

SEOの対策費用には、「成果報酬型」「月額報酬型」「一括支払い型」の3種類があります。それぞれの支払い方法によって、料金や対策内容も変化します。

2-1. 成果報酬型

特徴:検索結果にて上位表示されたときに支払う方式
相場:月1万~数十万円
メリット:成果がない時は費用を支払う必要がない
デメリット:上位表示され続けると高額になる

成果報酬型は、1キーワード対策を行った結果、上位表示された日数に応じて指定された単価を支払う費用形態です。

たとえば「ダイエット」のキーワード(1日単価5,000円)で10日間上位表示された場合、
『5,000円×10日間=50,000円』
の費用が発生します。
キーワード単価は、難易度や数に応じて変動します。おおよそ1キーワード10位以内の表示で、一日あたり500~1万円が多いです。

しかし逆に言えば、上位表示され続けるほど費用は高額となってしまいます。たとえば30日間ずっと上位表示されると、単価1万円の場合、
『1万円×30日間=30万円』
にもなります。

また、悪質な業者に捕まってしまうと、むりやり順位をあげようとして外部リンクを多めに設置しようとします。するとGoogleからのペナルティを受けてしまい、一気に順位が下落した、という例もあります。
このように成果報酬型の場合、業者の見極めやキーワード選定が重要となります。

2-2. 月額報酬型

特徴:月に固定料金を支払ってSEO対策をしてもらう
相場:月数万~100万円以上
メリット:総合的なアドバイスを受けることができる
デメリット:結果がなくとも継続的に支払い続けなければならない

月額報酬型は、その名の通り、月額で固定料金を支払ってSEO対策をしてもらう費用体系のことです。
月額料金は、小規模なら数万円、大規模なら100万円以上と幅が広く、その対策内容も会社によって大きく異なります。

【月額報酬型の対策内容例】
・専任のコンサルタントから総合的なコンサルティングを受ける
・結果のレポート提出やフィードバック
・コンテンツやホームページのチェック、改善

しかし、SEO対策はすぐに結果が出るわけではありません。半年以上かけてようやく成果が出る場合もあります。その間も月額指定の費用は支払い続けなければなりません。

2-3. 一括支払い型

特徴:一定の金額を支払いしてSEO対策してもらう
相場:1回 数万~数十万円
メリット:支払う費用がわかりやすい
デメリット:成果が本当に出るのかはわからない

一括支払い型は、記事納品・限られたコンサルティング・ホームページの内部修正などを、一定金額を一括で納めて対策してもらうことです。

一括支払い型で多いのは、記事納品型です。たとえば「月間30本のコンテンツ記事を納品してください」と業者に依頼し、その記事数に応じた費用を一括で支払います。他にも、先に定められた料金を支払い、その料金プランに合わせたコンサルティングを受ける、といったプランもあります。

一括支払いなので非常に費用が明瞭なのですが、これによって本当にSEOの成果が出るのかはわかりません。アフターサポートがないプランも多いです。

2-4. SEO対策の費用体系 まとめ

費用体系 相場 特徴
成果報酬型 月1万〜数十万円 特定のキーワードの順位を上げることができる。結果が出るまで費用を支払う必要がない。
月額報酬型 月数万〜100万円以上 SEO全般に関わる対策が多い。SEOにて必ず成果を出したい人向け。
一括支払い型 1回 数万〜数十万円 一括で支払うので費用負担が一番少ない。とりあえずSEO対策を行いたい人に向いている。

このように、支払う費用体系によってSEO対策の内容も変化します。
「費用を抑えつつ対策してもらいたい」なら成果報酬型、「SEO全般の対策をしっかりと行いたい」なら月額報酬型、「とりあえずSEO対策をやってみる」なら一括支払い型、となります。

3. SEO対策の内容別費用相場

SEO対策の費用体系について前述しましたが、多くはSEO対策の内容によって、費用体系が分かれます。ではSEO対策の内容はどのようなものがあるのでしょうか。ここではSEOの対策内容やその費用相場について詳しく解説します。

3-1. 内部SEO対策

相場:10万~100万円
費用体系:一括支払い
内部SEO対策の主な内容:
・タイトルタグやメタディスクリプションの設定
・h2やh3などの見出しやコンテンツ内のキーワード
・HTML構造の見直しや改善
・表示速度の高速化
・サイトマップ送信
・重複ページの解消
・内部リンク改善 など

内部SEO対策では、ホームページ内の構造や文章を見直し、SEOに最適な状態に改善します。

SEO対策で基本となるのは、「ホームページ内の設計」です。たとえコンテンツがよく出来ていたとしても、ホームページ内部の設定が適切でないと、Googleからの評価は受けにくくなります。一方でコンテンツを追加せずとも内部SEO対策を施したことによって、上位表示された例もあります。
結果がすぐに表れることはありませんが、Googleからの評価を確実に得やすく、リスクも低いのでおすすめです。

内部SEO対策の費用は、「どこまで対策してもらうのか」「ホームページのページ数」などによって大きく変動します。ページ数が10ページ未満の小規模なホームページで、担当のコンサルタントから対策指示書だけを提供してくれるプランなら10万円程度で収まるでしょう。一方、20ページ以上もある大規模なホームページでコンテンツも多岐に渡り、実際に対策を施してもらうプランだと100万円近くかかるケースもあります。

3-2. 外部SEO対策

相場:1万~50万円
費用体系:成果報酬型
外部SEO対策の主な内容:
・キーワード対策
・外部リンク取得 など

外部SEO対策では、特定のキーワードに対して外部リンクを取得する方法があります。他のドメインのホームページから自社ホームページへリンクを貼り、アクセスを集める方法です。これにより、外部からのアクセスが多い=人気がある、とGoogleに判断させて評価を上げます。

費用は対策キーワード数や難易度によって異なります。上位表示されて結果が出れば、成果が出た日数分と指定単価を用いて、費用が計算されます。

数年前まではこの外部SEO対策が一般的でしたが、現在ではほとんどなくなりました。なぜなら、外部リンクを購入することがGoogleによって禁止されたためです。

3-3. コンテンツSEO対策

相場:数万~30万円
費用体系:一括支払い型
コンテンツSEO対策の主な内容:
・ライターに記事作成依頼
・コンテンツのリライトや量産
・競合調査
・SEOライティング など

コンテンツSEOとは、コンテンツ記事を量産することによって、アクセスアップを目指す戦略です。WEBライターや取材ライターに依頼し、自社ホームページのコンテンツを増やします。

Googleのアルゴリズムは常に、ユーザーの役立つ情報を上位表示させようとします。つまりユーザーの求めるものを簡潔に伝えることができるコンテンツは、上位表示を狙いやすいです。近年ではこのコンテンツSEOが主流となりつつあります。
サービス内容は、キーワードの選定~見出し構成・企画までのもの、ライティングまで一括してサポートしてくれるものまでさまざまです。

費用は、文字数・依頼するライターの質・SEO対策キーワード・コンテンツ内容・発注する記事数によって大きく異なります。有名なSEOライターに依頼すれば、1本10万円かかるケースも。さらに専門家監修記事となると、10万円以上かかることもあります。

しかしコンテンツSEOは、単にコンテンツを量産すれば良い訳ではありません。その内容が薄いとコンバージョンに繋がりませんし、内容が重複したものを大量に生産してもGoogleからの評判を落とすだけです。さらにユーザーからの信頼も落とすことにも繋がりますので、要注意です。

3-4. コンサルティングSEO対策

相場:10万〜100万円以上
費用体系:月額報酬型
コンサルティングSEO対策の主な内容:
・キーワード調査、競合調査
・自社サイト分析、コンテンツ企画、ホームページ構成の改善
・ライティング指示や指導 など

コンサルティングSEOでは、ホームページの設計やコンテンツを分析・診断して、改善を行ってくれます。検証や結果を繰り返していきながら、ホームページのSEOを全体的にコンサルしてくれるサービスです。
コンサルでは主に、課題の分析・目標の設計・実現までの段階提示の提案が多いです。提案後の実行は自社で行うケースも多くみられます。

費用は中小企業向け・大企業向けで変動します。
中小向けでは、専門業者から月に1〜2回ほど結果レポートや改善シートが送られてきます。それを元に、自社内にて改善を行うサービスが多いです。またはチャットや電話で相談を受けられるサービスもあります。ページ数が少ない小規模なら、最安値で10万円ほどです。

大企業向けのサービスは、実力や実績が豊富な業者が行っています。大規模なホームページの内部設計の見直しから、システムが絡むSEOの設計など、高度なSEO対策を行ってくれます。ページ数が多いほど費用も膨らみ、ケースによっては100万円を超える場合もあります。

こうしたコンサルティングSEOは、実際にホームページを制作する会社が行っている場合もあります。

3-5. 対策内容別の費用相場 まとめ

SEO対策内容 費用体系 相場 主な内容
内部SEO対策 一括支払い型 10万〜100万円 ホームページの設計からSEOに最適な状態へと見直す。結果が出るのに時間はかかるがリスクが低く確実な方法。ホームページの規模で費用は変動。
外部SEO対策 報酬成果型 1万〜50万円 外部から自社へのリンクを貼って集客する。すぐに結果は出やすいがリスクが高く、Googleの規約違反なので現在はほとんど行われていない。
コンテンツSEO対策 一括支払い型 数万〜30万円 コンテンツを大量に用意してアクセスアップやユーザー流入を目指す。依頼するコンテンツの難易度や質によって費用は変動。
コンサルティングSEO対策 月額報酬型 10万〜100万円以上 ホームページの設計やコンテンツの見直しを行い、SEO対策を行う。内部からしっかりと対策を行うため堅実な方法。ホームページの規模で費用は大きく変動する。

SEO対策の内容は主に上記4つに分類されます。自社でどのようなSEO対策を行いたいかによって、その内容も変化します。

【タイプ別おすすめのSEO対策内容】
・ホームページ内部からしっかりと対策したい → 内部SEO対策
・とにかくコンテンツを増やしてアクセスアップを狙いたい → コンテンツSEO対策
・専門家にしっかりと分析、調査してもらい、自社で実行したい → コンサルティングSEO対策

ちなみに外部SEO対策については解説しましたが、実際には依頼しないほうが良いです。

4. SEO対策を依頼する際の注意点

SEO対策を専門業者に依頼すれば必ずしも成果が出るとは限りません。悪質な業者や実績を伴っていない業者に依頼すれば、支払ったお金が無駄になるだけです。
では依頼する際に、どのような点に注意すればいいのでしょうか。以下で解説していきます。

4-1. 業者をしっかりと見極めること

業者に依頼する前には、その業者をしっかりを見極めることが大切です。

SEOのしっかりとした知識や経験がない業者に依頼しても、いつまで経っても結果が出ません。逆にSEOの実績が豊富で成果もある業者なら、徐々にアクセスが増え、コンバージョンにも直結します。どこに依頼するかで結果が大きく異なるので、最初の業者選びは重要です。
以下、最適な業者を見極めるときの参考にしてください。

【最適な業者の見極め方 例】
・今までの実績は?(過去1年分の実績)
・どのような業界を担当していた?
・担当のコンサルタントは親身に話を聞いてくれる?
・こちらの状況をしっかりと理解して改善策を提案してくれるか? など

とくにSEO対策は、成果を発揮するのに時間がかかります。全く実績のない業者に依頼してしまい、1年以上経っても成果が出ないために契約終了した場合、その1年間分の費用が無駄となってしまいます。
業者に依頼する最初の段階で、業者をしっかりと見極めるようにしましょう。

4-2. 外部SEO対策には注意

「外部SEO対策」にて解説しましたが、外部から自社ホームページへのリンクをひたすら貼ってアクセスを集めようとする『外部SEO対策』をする業者に依頼するのは辞めましょう。

解説したとおり、外部SEO対策によるリンクの売買はGoogleによって公式に禁止されています。たとえ外部SEO対策で上位表示に成功したとしても、すぐにペナルティを受けるでしょう。

悪質な業者ほど、すぐに結果を出そうと企み、外部SEO対策を行います。「すぐに結果が出ます!」「すべて任せてもらえば大丈夫!」などと謳い文句を言う業者ほど要注意です。

4-3. どこまで作業してもらえるのかを確認

業者に依頼する際には、「どの工程まで作業してもらえるのか」を細かく確認しておくようにしましょう。

SEO対策の内容は業者によって大きく異なります。
・改善案や企画書を提出するだけ
・ライティングまで担当し、納品したらそこで終わり
・アフターサポートが充実しており、何度もコンサルを受けられる
この点を依頼前にしっかりと理解しておかないと、後悔することとなります。

たとえば「自社ホームページの改善案から実行まで一貫して行って欲しい」と思っていたのに、実際に依頼したら、業者からの企画書提出だけで終わってしまい、後にトラブルになったという例もあります。

依頼する前には、「どこまで業者にやってもらいたいのか」を検討しましょう。そして実際に依頼するときには見積額だけではなく、どのような作業が含まれているのかもきちんと確認することが大切です。

5. まとめ

SEO対策を外注することによって、自社ホームページの検索順位を上げることができます。検索結果を上げることで、アクセスアップに繋がり、コンバージョンにも直結します。

・アクセスアップに伸び悩んでいる
・SEOについてあまり詳しくないので、専門家に相談したい
・ホームページのブランディングも行いたい

そのように検討している場合は、ぜひSEO対策を依頼してみることをおすすめします。

当社でもSEO対策の相談を受付しております。ホームページの制作実績と同時にSEOに対する知識も蓄積しておりますので、お客様に最適なSEO対策のアドバイスを行うことができます。ぜひお気軽に、ご相談ください!

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。

お手数ではございますが、見積り依頼を送信する際にチェックを入れて頂きまして送信をお願い申し上げます。

選択してください