Google広告とは?初心者のための基本解説!

Google広告とは?~初心者のための基本解説~

Google広告とは?~初心者のための基本解説~

Google広告とは、Googleのサービスを使用するユーザーにさまざまな方法で広告を表示させるサービスです。
テキスト(文字)だけのものから、画像や映像、YouTube上で動作する動画広告や、アプリに特化した広告など、広告手法とターゲットが絞り込めることが最大の特徴。

ここではWEBデザインの基礎知識と、デザインに欠かせない項目を解説します。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

1.Google広告とは

Googleの検索エンジンを使うと、広告としてさまざまな企業の情報を目にすることができます。
これらの広告は「Google広告」と呼ばれ、Googleというサービスを使った人に広告を表示させるプログラムです。

Google広告でできることをポイントでまとめてました。

【POINT1】表示のタイミングを決められる

Google広告を申し込むと、提供したい商品やサービスについて、ユーザーが興味をもったタイミングに合わせて広告を表示させることが可能に。
すべての曜日の0時~0時から、曜日ごとに15分間隔で表示タイミングを設定できます。
複数の広告を出稿する場合、ローテーションで表示できるように、間隔を決めることも可能です。

【POINT2】配信ターゲットを絞り込める

Google広告はキーワード、配信地域、デバイス、年齢や性別に至るまで、ターゲットを絞り込んで広告を表示させられます。

クリック率の低い対象者には表示させず興味をもってくれそうな相手だけを狙うので、アクセス数の向上や認知度アップに的確につなげられます。

2.Googleに掲載できる広告の種類

Google広告を活用すれば、キーワード検索やGoogle関連サービスを使っているユーザーを効果的に集められ、自社サイトに訪れたり、商品やサービスを利用したりする可能性が高まります。
ここでは、Googleに掲載することができるさまざまな広告の種類について紹介します。

1.検索広告

検索広告とは、Googleで何らかの言葉を検索したとき、キーワードに応じて検索結果に一緒に表示されるテキスト広告のことです。
検索結果の上部もしくは右側に表示され、キーワードに関係のありそうな広告が厳選されています。

Google側はリスティング広告でアクセス結果を一定量収集し、その結果をもとにユーザーの離脱率や回遊率、CV完了数をリサーチするので、影響力の高いキーワードはSEO対策をすることでよりアクセス数を増やすことができます。
リサーチ結果を分析すれば、さらに的確なターゲットを狙いやすくなるので、効率的に結果を出せるようになります。

2.ディスプレイ広告(GDN)

ディスプレイ広告は「Googleディスプレイネットワーク」とも呼ばれ、Googleが提携している200万以上のWEBサイトや65万以上のアプリにおいて、サイト閲覧やアプリをする際に現れるテキスト・画像・バナー広告のことを指します。

テキスト広告の場合、検索広告と同一の要素が掲載されるので、画像やバナーがなくても閲覧の可能性が期待できます。
Googleならではの広大なネットワークを活かした広告活動が行えるので、テキストや画像だけでは不十分な場合はディスプレイ広告を活用すると良いでしょう。

3.動画広告

動画広告はGoogleが買収したYouTubeサービスを活用する広告手法です。
動画をつくってYouTubeにアップロードし、キャンペーン設定をすることで、YouTubeサイトやパートナーサイトの動画の前後、検索結果に広告が表示されます。

動画広告には以下の5種類が存在しています。

  • ファインド広告:動画広告を検索結果や関連動画のそばに表示させる仕組み
  • バンパー広告:6秒以下の短い動画広告。再生前後や再生中に流れ、スキップは不可
  • インストリーム広告:30秒の動画広告。再生から5秒でスキップ可能
  • スキップ不可のインストリーム広告:15秒以下の動画広告。スキップは不可
  • アウトストリーム広告:パートナーサイトやアプリで再生されるスマートフォン・タブレット専用の動画広告。音声なしで再生され、広告をタップするとミュートが解除される仕組み

4.アプリ広告

Google検索、YouTube、Google Playなどでアプリが宣伝できる広告です。
広告を出稿するにあたり、4つの広告文を指定してアプリ情報を登録すると、Googleがそれらの情報を組み合わせて自動的に広告を作成。

利用者はユーザーに望む行動を指定するだけで、行動に至る可能性の高いユーザー広告が自動的に表示される仕組みとなっています。
画像や動画を使って広告をカスタマイズすることも可能なので、アプリを効果的に宣伝することが可能です。

5.ショッピング広告

ショッピング広告は、販売する特定の商品にういての詳細情報を含んだ広告のこと。
「Google Merchant Center」で商品情報を設定してから、ショッピングキャンペーンを設定して開始します。

1つの商品のみを宣伝する「商品ショッピング広告」と、2つ以上の関連商品を宣伝する「ショーケース広告」がそれぞれ利用できます。

3.Google広告への出稿方法

Google広告を利用するには、専用のGoogleアカウントを使わなければなりません。
Googleアカウントを使い、「Google広告」のページからキャンペーンの作成に入っていきます。
手順がわからない場合はフリーダイヤルでの電話サポートからも広告を出稿できます。

1.Googleアカウントを作成する

広告を出稿する前に、Google広告アカウントを作成します。
ビジネス用のメールアドレスとWEBサイトを用意(WEBサイトがなくても、デフォルトのスマートアシストキャンペーンを利用すれば広告の掲載が可能)し、通常のGoogleアカウントにログイン後、手順にしたがってWEBサイトのアドレスを入力します。

異なるメールアドレスでログインしたい場合はアカウントを分けなければならないので、画面の下部にある「アカウント作成」から新しいGoogleアカウントをつくりましょう。

2.キャンペーン設定をする

まず、広告ごとにキャンペーン(広告を管理するための内容のこと)を作成します。
広告の目標・ビジネスの説明・商品の設定・広告文の設定・一日あたりの予算から、以下で説明する支払い情報の入力に移ります。

キャンペーン設定は基本的に選択式であり直感的に行えますが、広告文の設定についてはユーザーの目に直接触れる見出しと説明文を考えなければなりません。
ただし右側に表示される「広告プレビュー」を見ながら設定が行えるほか、後から訂正や追加も可能なので、難しい操作の心配はありません。

3.料金の支払方法を決定する

Google広告の支払い方法を決めてから、Google広告アカウントにログインし「請求と支払い」のページから請求先の国または地域を選択。
利用者の地域と通貨で利用可能な支払いオプションがすべて表示されるので、方法を選択して手順にしたがって情報を入力します。

広告掲載後に支払いが発生する「自動支払い」を利用している場合、予備のクレジットカードを登録することで、支払いが不承認になっても広告の掲載が続行できます。
何らかの理由でメインの支払い方法が実行できなくなっても予備のクレジットカードに請求されるので安心です。

4.まとめ

Google広告はGoogleアカウント一つあれば、WEBサイトをもっていなくても広告の出稿が可能。
世界中にネットワークをもつGoogleの検索サービスと、GmailやYouTubeなど同じく世界中で利用されている関連サービスを紐づけて、さらに多くのユーザーに広告を知ってもらえるようになります。

出稿方法もシンプルで直感的な操作が可能なので、自社の商品やサービスの認知度向上、サイトへのアクセスアップにも役立ちます。


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。