Twitterとは?初心者のための基本解説!

Twitterとは?~初心者のための基本解説~

Twitterとは?~初心者のための基本解説~

Twitter(ツイッター)とは、短文を投稿してリアルタイムの出来事をシェアするSNSで、メールアドレスさえあれば誰でも無料で利用可能です。
こちらではツイッターの基本機能の解説と使用目的の紹介、登録に必要な情報の説明をしています。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

このページの目次

1.Twitterとは

Twitter(ツイッター)とは、世界の3億人以上の人に利用されているSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。
メールアドレスさえあれば、誰でも無料で利用することができます。
他のSNSとは異なり140文字までという文字制限がありますが、短い文章だからこそ気軽に発信できるSNSとして人気です。
「今何をしているのか?」「今どうしているのか?」というリアルタイムの情報を発信する手段として使われています。

Twitterの機能は時代とともに変化し、最近ではコミュニケーションに必要な返信機能やメッセージ昨日の他に、アンケート機能なども使用することができます。
ハッシュタグを使って、投稿をカテゴリー分けすることも可能です。

Twitterは、他者とのコミュニケーションの手段としても使われていますが、個人・団体・企業の情報発信ツールやリアルタイムの情報収集の手段としても使われています。
電車の遅延情報やイベントのリアルタイムの情報を得るのにとても便利です。

2.Twitterの基本機能

Twitterには様々な機能があります。
こちらでは、11個(ツイート・リツイート/引用リツイート・リプライ・フォロー・フォローバック・フォロワー・ハッシュタグ・タグ付け・いいね・DM・アンケート)の機能について詳しく説明していきます。

1.ツイート

ツイート(tweet)とは文章や写真、動画などの投稿のことを指します。
そして、それらを登校することを「ツイートする」と言います。
文章は140文字まで入力することが可能です。
投稿には位置情報を付けることもできます。

2.リツイート/引用リツイート

リツイート(RT)とは、他のユーザーのツイートを自分のツイートが表示されている場所に一緒に表示させることができる機能です。
リツイートすることでお気に入りのツイートなどを自分のフォロワーと共有することができます。
引用リツイートとは、リツイートした他のユーザーのツイートにコメントをつけてリツイートすること言います。

3.リプライ

リプライとは、ツイートに返信することを言い、略して「リプ」と呼ばれることもあります。
また、リプライには「@ユーザー名」が表示されていることから、「@ツイート」と呼ぶこともあります。
Twitterユーザーの多くは、リプライを略したリプと言うことが多いです。

4.フォロー

フォローとは、興味のあるユーザーのツイートをいつでも見られるようにする機能です。
フォローをしていなければ、興味のあるユーザーのアカウントをいちいち見に行かなければいけませんが、フォローすればその手間が省けます。
なお、他のユーザーをフォローする際には非公開アカウントでなければ許可や承諾なしにフォローすることができます。
非公開アカウントの場合は、フォローしたいユーザーから許可を貰うことでフォローすることが可能です。

5.フォローバック

フォローバックとは、フォローしてくれた人をフォローし返すことを言います。
略して「フォロバ」とも言います。
フォローバックするときやした時は「フォロバする」「フォロバした」と言います。
フォローバックをするとお互いにお互いのツイートを見ることができるので、ツイッター上では距離が縮めやすくなります。

6.フォロワー

フォロワーとは、自分のタイムラインに興味を持ってフォローしてくれている他のユーザーのことです。
フォロワーが多ければ多いほど、他のアカウントに興味を持たれているということが分かります。
フォロワーとは仲良くなりやすいので、積極的にコミュニケーションをとってみるのもいいかもしれません。

7.ハッシュタグ

ハッシュタグとは、単語の前に「#(シャープ)」が付いているテキストのことで、どのような投稿をしているかを示すカテゴリーのようなものです。
#をつけることで#の後ろの単語はリンクになり、同じハッシュタグをつけている他のユーザーの投稿を一覧で見ることができ、自分の投稿も一緒に表示されるようになります。

8.タグ付け

タグ付けとは、Twitterで写真を投稿する際に、写真に写っているユーザーのアカウントを一緒に表示させることを言います。
タグ付けされた写真に表示されているユーザー名をクリックすると、そのユーザーのツイートを見ることが可能です。
なお、タグは10人まで付けることができます。

9.いいね

いいねとは、他のユーザーの投稿にいいなと感じた時に、いいねと言う気持ちを伝えるための機能です。
投稿の下に表示されているハートマークをワンタップするだけで、簡単にいいねすることができます。
また、いいねは元々お気に入り機能でもあったため、いいねした投稿をあとからまとめて見ることも可能です。

10.DM(ダイレクトメッセージ)

DM(ダイレクトメッセージ)とは、他のユーザーと直接メッセージを送り合える機能です。
メッセージは送信側と受信側以外に見られることはなく、個別にやり取りしたい時に使用します。
知らないユーザーとLINEのように気軽に連絡を取れるので、仲良くなったユーザーとよく使うことが多いです。

11.アンケート機能

Twitterには、フォロワーに聞いてみたいことを質問として投げかけて、簡単にアンケートを取る機能があります。
質問はツイート部分に書き、選択肢は自分で自由に設定することが可能です。
結果はパーセンテージで表示されます。

3.Twitterの様々な使い方

Twitterをどのように使うかは人によりけりで、以下のように様々な使い方をすることができます。

  • リアルタイムの情報収集の手段として
  • 個人の情報発信の手段として
  • 団体や企業の広報の手段として
  • コミュニケーションツールとして

こちらではそれぞれの使い方について詳しく説明します。

1.リアルタイムの情報収集の手段として

Twitterはリアルタイムの出来事をつぶやくことが特徴のSNSなので、リアルタイムの情報収集の手段には最適です。
電車の遅延情報を知りたい時や突然のニュースなど急遽知りたい情報がある時にはとても役立ちます。
リアルタイムの情報収集をする際には、Twitterの検索バーで知りたい情報に関連するキーワードを入力して検索することで、フォローしている人だけでなく全ての公開ユーザーのツイートを見ることが可能です。
ハッシュタグで検索することもできます。

2.コミュニケーションツールとして

オンライン上で他のツイッターユーザーと繋がってコミュニケーションをとるということがTwitterの最も一般的な使い方です。
ツイッターは本名ではなく匿名で使用できるので、気軽に知らないユーザーとコミュニケーションをとることができます。
リアルの人間関係ではあまり話せないような趣味でも、ツイッター上で同じような趣味を持つユーザーを見つけることができればとても楽しいです。
オフ会と言って、ツイッターで仲良くなった人とリアルで会うこともあります。

3.個人の情報発信の手段として

個人でビジネスをやっていたりイベントを主催していたりする方は、情報発信の手段として利用することもあります。
特に、イベントではリアルタイムでの情報を見る方も非常に多いので、Twitterとの相性がいいです。
リアルタイムの情報を発信することで、リツイートされてフォロワー以外の多くの人に届くことがあります。
また、Twitterのユーザーは若い世代が多いので、若者向けに発信したい情報がある人にはおすすめです。

4.団体や企業の広報の手段として

個人だけでなく、団体や企業の情報発信の手段としても非常に効果的です。
多くの人に知られているようなファストフード店やコンビニの有名企業も広報の手段として当たり前のように使っています。
キャンペーンの情報発信には特に効果的です。
また、Twitterユーザーを対象に「ツイートをリツイートしたら抽選でプレゼントが貰えるキャンペーン」などをすることによって、まだフォローしていないユーザーにアカウントの存在を知ってもらったりすることができます。

4.Twitterを始めるのに必要な情報

Twitter を始めるためには、名前・パスワード・メールアドレス・ユーザー名が必要です。
こちらではそれぞれがどのようなものなのかについて詳しく説明しています。

1.名前

名前はユーザーのプロフィールに表示される名前です。
Twitterは本名である必要はなく、匿名で好きな名前を利用できます。
後から変更することもできるので、登録時は仮の名前で設定するだけで大丈夫です。
名前には名前だけでなく、自分がどのような人かを示すための名前以外の言葉を一緒に表示させている人も多くいます。

2.パスワード

パスワードはログイン時に利用するものです。
自分以外の人に勝手にログインされないように、自分だけが分かるパスワードを設定します。
パスワードは他のSNSなどで使用していない全く別なパスワードにするのがおすすめです。
そうすることで不正アクセスのリスクを下げ、アカウントを守ることができます。

3.メールアドレス

メールアドレスはTwitterからの連絡を受け取るためのものです。
登録の確認メールを受け取る際にも必要になります。
メールアドレスはキャリアのアドレスでも無料メールサービスのアドレスでもどちらでも大丈夫です。
ただし、必ず連絡を受け取れるアドレスを使用するようにしましょう。

4.ユーザー名

ユーザー名とは名前とは異なり、IDのようなものでログイン時に使用します。
TwitterのユーザーページのURLにも使用されるため、ユーザー名に使用できる文字は半角の英数字とアンダーバーのみです。
他のユーザーと同じユーザー名を持つことはできないため、自分が使用したいユーザー名があっても使用できない場合があります。

5.まとめ

Twitter(ツイッター)とは、メールアドレスさえあれば誰でも無料で使えるSNSです。
投稿できる文章は140文字以内と短く、気軽につぶやけるツールとして人気を集めています。
Twitterはコミュニケーションをとるための返信機能やメッセージ機能のほか、お気に入り登録機能やアンケート機能などもあります。

基本的にはコミュニケーションツールとして使われていますが、個人や企業の情報発信の手段やリアルタイムの情報収集手段としても活用されています。
ウェブサイトを運営している方ならウェブサイトに埋め込んだりして使用することもできますし、更新情報を届ける手段としても使えるので是非活用してみてくださいね。


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。