ライティングとは?初心者のための基本解説!

ライティングとは?~初心者のための基本解説~

ランディング

ライティング(文章を書く)の仕事は、今人気の仕事の一つ!
こちらではライティングを仕事にするメリットとどのような人におすすめかまとめています。
ライターのキャリアアップと報酬を上げるために役立つ知識も紹介しているので是非参考にしてみてください。

1.ライティングとは

ライティングとは「文章を書くこと」で、人気のある仕事の一つです。
ライティングの仕事はパソコンとインターネット環境さえあればいつでもどこでも場所・時間を選ばずに仕事に取り組めます。
人間関係や仕事内容、仕事のペースも自分で選べるので、自由度の高い仕事です。
ディレクター業務・メディアや記事の修正業務・校閲業務とキャリアアップすることができ、収入増加も期待できます。
文章を書くのが好き・得意な人、コツコツ一人で取り組むのが好きな人におすすめの仕事です。
質の高い記事を素早く納品できる人は、ライティングだけでも20万円ほど稼ぐことができます。

2.ライティングを仕事にする5つのメリット

ライティングを仕事にするメリットには、パソコン一台で仕事ができること・いつでもどこでも仕事ができること・人間関係を自由に選べること・仕事の内容を選べること・自分のペースで仕事ができることなどが挙げられます。

【メリット1】パソコン一台で仕事ができる

ライティングを始めるために必要なのは、パソコン一台のみです。
文章はパソコン内のテキストツールやオフィスツール(Word/Excel)を使って、キーボードで打ち込んでいきます。
スペックの高いパソコンを購入する必要もなく、文章を打ち込めれば問題ないので初期投資にお金がかかりません。
そのため、初期投資がネックで新しく仕事を始めにくいと感じている方でも気軽に始めることができます。

【メリット2】いつでもどこでも仕事ができる

インターネット環境があれば、パソコンを持っていつでもどこでも仕事をすることができます。
場所も時間も選ばずに自由に仕事をすることが可能です。
自宅での勤務に疲れた場合はカフェに行って仕事をすることもできます。
モバイルWi-Fiがあれば公園やインターネットの環境がない場所でも可能です。
子供の送迎などによる車内での待ち時間も有効活用することができます。

【メリット3】人間関係を自由に選べる

職場で固定して働くのとは違って、自由に人間関係を選ぶことが可能です。
ライティングは案件ごとの契約が多いので、合わないと感じるクライアントとはいつでも縁を切ることができます。

逆に、好きなクライアントとは仕事を発注してもらえる限り仕事を受け続けることも可能です。
人間関係のストレスが少ないので、人間関係で悩みたくない人には非常におすすめです。
仕事のモチベーションにも繋がります。

【メリット4】仕事の内容を選べる

自分の好きな仕事や得意な仕事を選んで、比較的楽に稼ぐことができます。
ライティングの案件はかなり豊富にあり、ジャンルも様々です。
簡単にできる案件や高い報酬を得られる案件などがあります。
自分の好みや仕事の目的に合わせて、自由に選択可能です。
クラインアントに選ばれればどのような仕事でもできるようになります。
報酬額の高い仕事を継続的に受注していればパートで働きに出る以上のお金を稼ぐことも可能です。

【メリット5】自分のペースで仕事ができる

自分が仕事をしたい時だけ受注して忙しい時は少し休むというように、自分のペースで仕事をできるのが大きな魅力です。
基本的には案件ごとに締め切りが設けられていますが、それさえ守れば仕事の受注ペースは自由です。
案件に締め切りがあってもクライアントによっては融通を利かせてくれたり、そもそも締め切りがない仕事もあったりします。
時期によって忙しかったりそうでなかったりと自由な時間がまちまちな方にはおすすめです。

3.ライティングの仕事で手に入れられるキャリアアップの道!3選

ライティングを始めてもキャリアアップは見込めないと思われがちですが、ライティングを経験しているからこそできるディレクター業務・メディアや記事の修正業務・校閲業務があります。
このような仕事に転身することで収入を増やすことも可能です。

【その1】ディレクター業務

ライティングの仕事の多くはウェブサイトの記事執筆になりますが、ライティングができるようになればウェブサイトの全体の進行管理を行うディレクター業務を行うことができるようになります。
ディレクターはウェブサイトを作って欲しいという依頼が来たらヒアリングを行い、ウェブサイトにおける目的を明確にしてメンバーに指示を振るというプロジェクトを仕切る立場です。
管理業務が好きな方やコミュニケーション能力が高い人におすすめです。
リモートワークで就職することもできます。

【その2】メディアや記事の修正業務

ライティングをしているとメディア全体の編集業務や記事ごとの編集業務も受注できるようになります。
メディア全体の編集業務では、全体の構成を考えて記事の追加や削除を行ったり、必要な画像やボタンを追加したりしていきます。
記事の編集業務ではタイトルや見出しを変更するなど、文章の削除・追加を行います。
メディアや記事の編集業務ではライティングをしながら得られる知識・経験で行えるものも多いので、比較的簡単に挑戦できます。

【その3】校閲業務

校閲は記事の誤りを修正したり不備があるかどうかを調査したりする仕事です。
誤字脱字はもちろん、助詞の修正や表現の誤りなども細かくチェックしていきます。
データが必要になる記載部分では信ぴょう性のある情報を探します。
記事の前半と後半で辻褄があっているかどうかの確認も重要です。
校閲業務は非常に細かい仕事なので向き不向きは分かれますが、得意な方であればすぐにライティングから転身できます。

4.ライティングの仕事が向いている人はこんな人

ライティングは文章を書くことが好きな人/得意な人・メッセージでのやり取りがスムーズにできる人・一人でコツコツ作業をするのが好きな人に向いている仕事です。

1.文章を書くことが好きな人/得意な人

ライティングは文章を書く仕事なので、文章を書くことが好きな人や得意な人に向いている仕事です。
逆に文章を書くのが嫌いな人や苦手な人には向いていません。
また、記事執筆はクライアントに求められているものを文章にしてまとめる仕事なので、文章を書くことが好きで得意でも自己表現をしたいという人には向いていません。
ライティングではクライアントが求めているものを認識して、クライアントが求めるクオリティで文章化するスキルが求められます。

2.メッセージでのやり取りがスムーズにできる人

ライティングをするならメッセージでのやり取りをスムーズに行えるスキルが非常に重要です。
なぜならクライアントとの打ち合わせやその他の連絡のほとんどがメッセージで行われるからです。
常に連絡を取れる環境を準備できる人やそれが苦にならない人、メッセージで相手が伝えようとしていることを汲み取り伝えたいことを言語化して伝えらえるスキルがある人にはライティングのお仕事は向いています。

3.一人でコツコツ作業をするのが好きな人

ライティングはチームワークというよりも個人で取り組むなので、一人でコツコツ作業を続けるのが好きな人に向いています。
一人での作業に苦を感じずに淡々とこなしていけるなら、1日に1万円以上稼ぐことも可能です。
逆に人がいないと頑張れないというタイプの人や人と関わる時間が欲しいという方はモチベーションのキープが難しく、苦しい仕事になります。

5.ライティングの質を上げるために気をつけるべき5つのポイント

ライティングの質を上げるには、以下の5つに注意して執筆することが大切です。

  • 文章を構造化する
  • 見出しを見るだけで内容が分かる
  • 専門用語は使わずわかりやすい言葉を使う
  • 一文は短くする
  • 箇条書きでまとめる

こちらではそれぞれのポイントについて詳しく説明します。

【ポイント1】文章を構造化する

文章を構造化することがライティングの基本です。
文章の構造化とは、タイトル・冒頭文・大見出し・中身出し・小見出しなど要素に分けて文章を書くことを言います。
長い文章をただズラズラと書き並べているだけでは読みにくくユーザーが読むのを辞めてしまいますが、いくつかにまとめて記載されていることで読みやすくなります。
また、ユーザー自身が関心のある部分だけを読むこともできます。

【ポイント2】見出しを見るだけで内容が分かる

いい記事の特徴とは、大見出し・中身出し・小見出しを見るだけで何が書かれているのかが分かる記事です。
インターネット上には多くの情報が溢れているので、ユーザーは簡単に情報を手に入れられる記事を求めています。
もし、パッと見て何が書いてあるのかが分からないような記事であればすぐにページから移動してしまい、せっかく書いた記事も読まれることはありません。
見出しは一目で何が書かれているかが分かる言葉にするのが大切です。

【ポイント3】専門用語は使わずわかりやすい言葉を使う

執筆の際は専門用語を使わず、わかりやすい言葉を使うようにします。
ターゲットが絞られている記事であれば別ですが、多くの人に読まれる記事は誰が読むのか分からないからです。
学生が読んでいるかもしれませんし、社会人が読んでいるかもしれませんし、主婦の方が読んでいるかもしれません。
良い記事とは誰が読んでも記事の内容を理解できる記事なので、誰が読んでも分かるような表現を意識するようにしましょう。

【ポイント4】一文は短くする

一文は短くするように意識してください。
一文が長く続いてしまうと読者は何を書かれているのか理解できなくなってしまうからです。
その結果、読者は読むのを辞めて違う記事を求めに行ってしまいます。
読まれる記事を書くためには要点だけを伝える文章にすることがコツです。
要点を簡潔に表現して、読者が簡単に理解できるように工夫しましょう。

【ポイント5】箇条書きでまとめる

箇条書きでまとめられるものは箇条書きでまとめることも大切です。
箇条書きにする目的は一文を短くすることと同じで、読者が記事の内容を簡単に理解できるようにするためです。
箇条書きは文章でまとめるのと違って視認性が高く、内容を理解しやすくなります。
ただし、箇条書きにする際に数を多くしてしまうと分かりにくくなってしまうので、5つ程度にまとめるのが効果的です。

6.ライティングをするなら知っておきたい2つのライティング技法

ライティングを仕事にしたい方が知っておきたいライティング技法にPREP法とSDS法があります。
この2つを覚えておくだけでライティング速度が速くなり、質の高い記事に仕上げることが可能です。

1.PREP法

PREP法とは、文章全体を「Point(要点・結論)」「Reason(理由)」「Example(具体例)」「Point(要点・結論)」の4つの要素に分けて、「P→R→E→P」の順番に並べて書くライティング技法です。
要点・結論から始まって理由・具体例と話が進んでいくので、物語のような構成になっていることから理解しやすいという特徴があります。
具体例を挙げることで納得させる力もある文章を書くことができます。
具体的に詳しく書きたいという時におすすめです。

2.SDS法

SDS法とは、文章全体を「Summary(要約)」「Details(詳細)」「Summary(要約)」の3つの要素に分けて、「S→D→S」の順番に並べて書くライティング技法です。
要約から始まって詳細を記述し、最後に改めて要約で締めくくるので分かりやすい記事に仕上げることができます。
PREP法よりもシンプルで簡単に理解を求めたい時におすすめです。

7.ライティングのまとめ

ライティングとは「文章を書くこと」で、今注目を集めている仕事の一つです。
パソコンとインターネット環境があればいつでもどこでも仕事をすることができます。
人間関係や仕事内容、仕事のペースも自由です。
文章を書くのが好き・得意な方やコツコツ一人で作業をするのが好きな方は、是非挑戦してみてください。