サテライトサイトとは?初心者のための基本解説!

サテライトサイトとは?~初心者のための基本解説~

サテライトサイトって何だろう?メインのサイトとは別にサイトを作るってことかな?と漠然としたイメージをお持ちの方が非常に多いです。

曖昧なイメージのままサテライトサイトを作ってしまうと、プラスどころかマイナスになることもあります。

今回はサテライトサイトの意味、サテライトサイトを作るメリットや注意点についてご説明します。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

1.サテライトサイトとは

サテライトサイトはメインのサイトとは別のドメインやサーバーを取得し、メインのサイトへ被リンクを設置するものを意味します。

現在でも被リンクを増やすことで、メインサイトの評価やドメインパワーを強くするようなイメージを持っている方がほとんどと言えるでしょう。

しかし、昨今ではGoogleのアルゴリズムのアップデートに伴い「コンテンツの質」が評価されるようになってきたこともあり、単純に被リンクを増やすとペナルティを受けることがあります。

粗悪なコンテンツ、パターン化されたサイトからの被リンクを増やすことでメインさ糸の評価が下がってしまい、検索順位に影響がでる可能性が非常に高いです。

上記の事から現在におけるサテライトサイトは単に被リンクを増やすというよりも、サテライトサイト自体で集客、潜在的な顧客の獲得し、間接的にメインサイトへのアクセスアップを狙うことや、サテライトサイトで質の良いコンテンツ・サイト運営をすることでメインサイトの評価を上げる方法と考えるべきだと言えます。

サテライトサイトを作るメリットを享受し、ペナルティなどのデメリットを受けないようにするためには、「質」を意識したコンテンツ作成や、継続的なサイト運営をすることが重要です。

2.サテライトサイトを作るメリット

サテライトサイトを作るメリットは大きく分けて2つになります。

1.潜在層の掘り出し
2.被リンクでのSEO

もし、メインサイトのみで顧客獲得、集客、すなわちマーケティングをしている場合はサテライトサイトを作ることで上記のメリットを得ることができます。

今までは被リンクを増やすことでメインサイトの評価を上げることが目的、今はサテライトサイトとメインサイトの両方の評価を上げながら運営するのが目的と捉えると良いでしょう。

次にサテライトサイトをメリットがどのようなものなのか簡単に説明します。

1.潜在層の掘り出し

サテライトサイトを作り、それなりにコンテンツをアップすることで、メインサイトとは別に潜在的なユーザーと繋がることができます。

あくまでもサテライトサイト、サポート的なものだとしてもメインサイトと同じコンテンツをアップすることはありませんから、検索エンジンからの流入が少なからず増えるでしょう。

メインサイトでは集客できない層、潜在層の堀出しとなり、メインサイトにリンクすることで自然な流れでメインサイトへのアクセスも増える仕組みです。

2.被リンクでのSEO

サテライトサイトが検索エンジンに評価された状態で、メインサイトへのリンクを設置すればメインサイトの評価も上がりやすくなります。

同時に、メインサイトでは扱えないような間接的なコンテンツ、関連するけれども色合いの違う記事やメディアを別サイトで作れるのも、サテライトサイトのメリットとも言えます。

それなら、サテライトサイトをたくさん作れば、右肩上がりにアクセスがアップするの?と勘違いしてしまいそうですが、実は違います。

次にサテライトサイト運用時の注意点について見てみましょう。

3.サテライトサイトの運用時の注意点

サテライトサイト運用時の注意点は大きく分けて3つになります。

1.IP分散させる
2.サイトの更新する
3.ペナルティを受ける危険性がある

上記の項目はGoogleのアルゴリズムアップデートに対応するための注意点と言えます。

また、Googleではユーザーの利益や利便性を高めるため、定期的に検索順位に影響が出るアップデートを行います。

被リンクが多ければ評価が上がり、検索順位が上がるといった時代があったように、常に変化するものだと意識しておきましょう。

それぞれの注意点について簡単に説明します。

1.IP分散させる

Googleでは同一ドメインや同一サーバーからの被リンクが多いと、単純にアクセスさせることを目的としたページやサイトは「悪質」と判断することがあります。

例えばメインサイトと同じサーバーでサテライトサイトを作っても逆効果ということですね。

本来は評価の高い他サイトからの良質なリンクが多いページを評価する仕組みだということを忘れてはいけません。

言い換えれば、ドメインを取得して、同じレンタルサーバーでまるで別サイトのように振る舞ってもGoogleにはお見通しということですね。

安易な気持ちでIPやドメインを分散せずに複数のサテライトサイトを作成し、リンクを設置するだけではマイナスだと覚えておきましょう。

2.サイトの更新する

Googleのアルゴリズムアップデートによって「質」が問われるようになったのは、サテライトサイトが「メインサイトへの被リンク」や「アクセスアップのみ」を目的とした悪質なサイトが増えたことが原因です。

例えば、何の更新もされておらず、誰からも閲覧されないようなサイトを大量に作って、メインサイトへのリンクを設置しても、一昔前であれば検索エンジンからの評価は上がりました。

しかし、今はサテライトサイトそのものの質が悪ければ、リンクを設置しても意味がない状況になっています。

過去のサテライトサイトのような運営をするのではなく、サテライトサイトでありながらユーザーの利益となる情報を更新し続けることが重要です。

3.ペナルティを受ける危険性がある

Googleのアルゴリズムアップデートに対応していないようなサテライトサイトを作ることでGoogleからペナルティを受ける危険性があります。

質の低いコンテンツによって作られたサテライトサイトから被リンクが増えても意味がないどころか、メインサイトの評価も下がってしまうということです。

Googleが定めるペナルティの基準については、悪質な業者に対策されないために公開されていない部分が多くあります。

ペナルティになったとしても明確な理由を教えてもらえない可能性があるのもそのためです。

サテライトサイトを作り、コンテンツの作成し、継続的に運営するにはそれなりのコストが掛かります。

ペナルティを受けて無駄にしないためにも、古い情報を元にサテライトサイトを作成するのはやめておいたほうが良いでしょう。

4.まとめ

サテライトサイトを作る時は「ペナルティを受けないように」と考えるよりも「質の良いコンテンツを作ろう」と考える方が良いかもしれません。

なぜなら、メインサイトへの被リンクを増やすことに意味がないのであれば、メインサイトとサテライトサイトの両方で企業やサービスとして顧客増となる施策を練った方が健全であり、効果的でもあるからです。

同時に、サテライトサイトを経由してメインサイトを見てもらった時も、サテライトサイトの時点で喜んでもらうことでファンになってもらえれば、結果として潜在顧客の発掘や今までリーチしなかった層と繋がれるという利点もあります。

商品やサービスのペルソナに届けることも大事ですが、潜在的なニーズを持つユーザーに届けられるような意識を持てば、企業やサービスとしてさらに多くの人から愛される体質になる可能性も考えてみてくださいね。


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。