全国対応年中無休 24時間電話受付 携帯・PHSからも通話可能
0120-900-5870120-900-587
簡単一括見積はこちら

【最新】勝手にホームページリニューアル分析~フォーラムエンジニアリング編~

【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜フォーラムエンジニアリング編〜

【最新】勝手にホームページリニューアル分析~フォーラムエンジニアリング編~

主に技術系の案件や人材に特化した派遣企業である株式会社フォーラムエンジニアリングのコーポレートサイトが2019年7月にリニューアルされました。
今回はフォーラムエンジニアリングにおいてどういった内容の変更があったか、また利便性がどのように向上したかを解説します。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

1.リニューアルされたホームページとその運営企業について

まずはリニューアルされたホームページがどのような内容なのか、そしてそのホームページを運営している企業はどんな会社なのかについて詳しく紹介します。

株式会社フォーラムエンジニアリングとは?

株式会社フォーラムエンジニアリングは、企業に対して人材を派遣する派遣会社で、主にシステムエンジニア系の案件や人材を中心に取り扱っています。特徴としては、未来型転職サイト「コグナビ」にてAIを使用したマッチングシステムを導入し、求職者と求人者の条件の食い違いを減らして精度の高いマッチングができるように取り組んでいる点です。

また、言葉で表しにくいエンジニアのスキルを可視化するために、それぞれの技術要素をツリー状にまとめたスキルツリーで管理しており、上記のAIシステムに組み込んで活用しています。

リニューアルされたコーポレートサイトでは、ニュースリリースやトピックスの更新に加え、フォラームエンジニアリングが持っているサービスの特徴をイラストやYouTube動画を交えつつ紹介しています。

2.「フォーラムエンジニアリング」のリニューアルポイント

フォーラムエンジニアリングコーポレートサイトは、7月1日に大幅なリニューアルがされました。これにより、ユーザーがより閲覧しやすく、サービスの特徴がわかりやすくなっています。
フォーラムエンジニアリングのリニューアルされた主なポイントは下記の通りです。

1. トップページのデザインを一新

トップページのデザインを一新

リニューアル前のホームページのトップページは一世代前のコーポレートサイトによく見られたような紋切り型のデザインとなっており、情報もバラバラに配置されていたため、ユーザーにとってややわかりにくい印象が強かったです。

しかし、青系のブランドイメージカラーはそのままに、スタイリッシュなデザインのトップページに生まれ変わりました。自動車や電子機器など、求人者の主な業種となるアイコンをつなぎ合わせるようなイラストが最上部にデザインされておりよりブランドのコンセプトも伝わりやすくなっています。

2. ヘッダータブ数を6から3に変更

旧ホームページでは「RESULTS(実績)」や「HUMAN(人)」といった、クリックして中を見ないことにはどんな内容なのかがわかりにくいタブを含め、6つのタブに分けて各種の情報を記載していました。

一方で新たなホームページでは「Technology」「Service」「Company」の3つに削減することで、企業としての活動内容がよりシンプルにわかりやすくなっています。
またトップページを下にスクロールしていくことで、企業理念などが自然に理解できるような内容に変更がされています。

3. 「Service」ページの表示形式を変更

「Service」ページの表示形式を変更

リニューアル前のホームページでは、「フォーラムエンジニアリングとしてどう取り組んでいるか」ということを主眼としてサービスの紹介をしていました。それに対しリニューアル後のホームページでは、求職者のライフステージを階段で表しながら「コグナビ新卒」「コグナビ転職」といった風にサービスに直結した説明に変更されています。

ユーザーが求めているであろう情報を全面に打ち出すことで、企業としての特徴やストロングポイントが伝わりやすいようになっています。

4.「Technology」ページの内容を拡充

旧ホームページ上ではフォーラムエンジニアリングの特徴的な取り組みであるスキルツリーやAIを活用したマッチングシステムなどの強みがわかりにくい表記になっていました。

そこで、トップページタブの一つに「Technology」を追加し、求職者の技術を体系化するスキルツリーや、反対に求人者の部署内の状態を体系化する「テクニカルツリー」などの中心的な工夫の説明をおこなうように変更が加えられ、ユーザーが得られる情報が増加しています。

3.フォーラムエンジニアリングコーポレートサイトリニューアルによって向上した機能など

フォーラムエンジニアリングの変更前のコーポーレートサイトは情報の所在地がバラバラで、ユーザーにとって知りたい内容が見つかりにくいという印象がありましたが、リニューアルによって改善されました。
これによってユーザーにどのような利点が生まれたのかについて、詳しく解説していきます!

1. 企業理念が一目で伝わるデザインに

旧ホームページにおいては、トップページヘッダー部分に画像のスライドが表示さえるデザインになっており、その中にスローガンやキャッチコピーのようなものがありましたが、具体性に欠ける内容になっていました。
これに対し、リニューアル後のホームページでは「エンジニアに、明日への地図を」というコピーが固定で表示され、またその下に具体的な企業理念が記載されるように変わっています。

このように、ユーザーが能動的に探しにいかなくても、企業がどんな思いでどんな活動を行なっているかの概要がわかりやすくなるというメリットが生まれました。

2. UI/UXが向上した

トップページのタブが6個から3個に変更になり、紹介する情報を取捨選択されています。従来のホームページでは情報が多いあまり求職者・求人者ともに実際にサービスを利用するためにどこにいけばいいのか?がはっきりとわからない状態になっていました。
一方現在のホームページではフォーラムエンジニアリングがAIなどをどう活用しているか知りたいなら「Technology」へ、サービスを利用したいのなら「Technology」へという風にシンプルにわかりやすくなったことでUIUXが格段に向上しています。

3. ユーザーに即したサービスへのプロセスがシンプルに

サービスを紹介するページが、企業目線からユーザー目線の内容へと改善されています。リニューアル前のホームページ内容はサービスのワークフロー、フォーラムエンジニアリング社内の体制などが中心の内容であったのに対し、リニューアル後は6つのステージに合わせたサービスをまず初めに紹介しています。
ユーザーが一目で自分に適合するサービスを知ることができるようになっています。

4. 裏付けが明確となり、サービスへの信頼性が向上

サービスそのものを支える情報技術がどのようなものか、また情報をどのように仕分けして活用しているかという点を「technology」タブにて説明しています。

AIを活用し独自のマッチングスコアを算出しているなどのポイントが明確にユーザーに伝わる形となり、より求職者と求人者のミスマッチを避けやすいサービスであるという信頼性の向上に役立っています。

4.まとめ

フォーラムエンジニアリングの旧ホームページは、社内の活動を紹介するという印象が強く、ユーザー目線でまとめられたページが少ない印象でした。
一方、リニューアル後のホームページでは、トップページに記載する情報を絞り込み、それぞれが知りたい情報にアクセスしやすいデザインになっています。
ユーザーのメリットにつながるホームページのリニューアルを検討されている方に、参考になりましたら幸いです。

リニューアル制作の費用などの詳しい内容はこちらをご覧ください。
ホームページリニューアル制作の費用や料金相場などをまとめて解説


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。