【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜ギャラリーレア編〜

【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜ギャラリーレア編〜

【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜ギャラリーレア編〜

ブランドリユースサイト「ギャラリーレア」が、2019年8月にリニューアルされました。今回は、ギャラリーレアがどのようなリニューアルを行い、どのような効果が期待できるのか、リニューアルポイントや向上した機能について解説します。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

このページの目次

1.リニューアルされたホームページとその運営企業について

まずは、リニューアルされたホームページがどのようなホームページなのか、そしてホームページ運営している企業について詳しく紹介していきます。

1. 運営企業「株式会社ギャラリーレア」とは?

株式会社ギャラリーレアは1979年に創業され、古物商としての長い実績のある会社です。
創業当時は家電を中心に販売していましたが、1999年にブランド専門店の「ギャラリーレア」を立ち上げました。
大阪市の西区に本社を構え、東京の銀座とシンガポールにもオフィスを持っています。

2018年に東証マザーズ上場の株式会社アドベンチャーのグループ会社になりました。
海外ブランド衣類雑貨、服飾雑貨の輸入や販売、B to Bオークションの開催・運営なども行うブランド販売の実績がある会社です。

2. ブランドリユースホームページ「ギャラリーレア」とは?

ギャラリーレアは、東京・大阪を中心に全国展開している高級ブランドの買取・販売専門店です。
実店舗を多数展開しており、ブランドリユースホームページ「ギャラリーレア」は、買取を専門とするホームページとなっています。

ブランド業界の流れを反映した価格設定と、長い実績のある会社で育ったバイヤー(鑑定士)により、ユーザー満足度の高いホームページです。

個人情報の保護に対する、一定水準以上の措置が認められている「Pマーク」を取得しています。
また、輸入市場における偽造品・不正商品の流通を防止・排除する団体「AACD」への加入など、認定機関における承認を取得し、ユーザーが安心して利用できる環境を整えています。

2.「ギャラリーレア」のリニューアルポイント

ギャラリーレアは8月1日にホームページがリニューアルされ、強みを強調し、ユーザーに配慮したホームページデザインへと生まれ変わりました。
ギャラリーレアのリニューアルポイントについて、解説していきます。

1. スマホビューの最適化

リニューアル以前も、スマホでの閲覧は可能でしたが、スマホビューに最適化されたものではありませんでした。
場所によっては文字が小さく、読みづらい部分もあり、スマホでサイトを回遊しづらいデザインだったと言えるでしょう。

リニューアル後は、スマホビューに最適化され、ホームページの使いやすさが格段に向上しています。
モバイルファーストのホームページデザインへと生まれ変わりました。

はじめてギャラリーレアに訪れたユーザーも、迷うことのないメニュー構成となり、ユーザーが最短操作で目的を達成できるホームページデザインになっています。

2. 豊富な実績をユーザーにアピール

ギャラリーレアは1979年の創業であり、約40年もの業務実績がある会社です。
リニューアル以前はその強みを明示しておらず、ギャラリーレアの権威性を十分に示すことができていませんでした。

リニューアル後は、ホームページのタイトルやトップページの上部に「1979年創業」を明示することで、ギャラリーレアの権威性・強みをユーザーにアピールできています。
ほかにも、ブランド品の高価買取実績を、複数の会社との比較で示すことにより、具体的な実績のアピールもできていますね。

ユーザー心理としては、「高価なブランド品を適正な価格で買い取ってもらいたい」と思うことでしょう。
約40年の業務実績と具体的な高価買取実績を示すことで、ユーザーに安心感を与えることができています。

3. テーマカラーの統一とポジションの明確化

ギャラリーレアは、ロゴやコーポレーションサイトのトップページに「ワインレッド」のカラーを使用しています。
リニューアル前のホームページでは、小さなロゴ以外にワインレッドカラーを使用しておらず、カラーのテーマがギャラリーレアと一致していない印象を受けました。

リニューアル後は、ページ上部のメニュー部分をワインレッドカラーに統一しました。
「ギャラリーレア」というブランドを象徴する色として、ワインレッドカラーを主張することで、ギャラリーレアのテーマカラーとの統一感を出すことに成功しています。

また、「ブランド品の高価買取」とファーストビューに大きく記載することで、ギャラリーレアのポジションを明確にし、ブランド品に対して強みがあることをアピールできています。
ニューアル前と比べて、簡潔に記載されている分、強みをダイレクトにユーザーに届けることができていると言えるでしょう。

3.「ギャラリーレア」リニューアルで向上した機能など

ギャラリーレアのリニューアル後は、リニューアル前に比べてよりユーザーファーストとなる機能を盛り込んでいます
具体的にどのような部分がユーザーファーストとなっているのか、向上した機能などについて解説します。

1. 査定・買取方法が分かりづらかったため、サービス名を変更

リニューアル前は、査定と買取の情報をひとまとめに記載しており、品物を業者に売るという経験が無いユーザーにとっては、多少分かりづらいものであったと言えるでしょう。
リニューアル後は、査定と買取でメニューを分け、どのような査定方法と買取方法があるのかひと目でわかるように変更されました。
査定と買取名称も簡潔に修正されており、はじめてのユーザーでも迷うことはないでしょう。

また、ギャラリーレア独自の買取方法である「うるハコ」についても、査定・買取ページでは明記されていませんでした。
独自の買取サービスが分かりづらいものとなっていましたが、リニューアル後はアイコンと合わせてサービス名を明記することで、非常に分かりやすくなっていますね。

2. ユーザーの「知りたい」をトップページで網羅

はじめて訪れたユーザーが「知りたい」と思う情報をトップページに掲載することで、ユーザーの不安を払拭する施策がなされました。
具体的には、次の情報をトップページに新たに掲載しています。

・高価買取できる理由
・高価買取のコツ
・ギャラリーレアが選ばれる理由
・よくある質問
・お客様の声

ユーザーは疑問が少しでもあると、なかなか行動に移せないものです。
ユーザーが考えうる疑問を先回りして解決するための情報を掲載することで、ユーザーは疑問を持つことがなくなり、コンバージョンアップが期待できます。

4.まとめ

以上、ギャラリーレアのリニューアルについて解説しました。

よりユーザーに配慮し、モバイルファーストなデザイン構成と、ギャラリーレアの強みを全面に出すリニューアルがなされています。
ギャラリーレアというブランドのポジションを明確にし、ユーザービリティが向上したリニューアルであると言えるでしょう。

既存ユーザーにとっては今まで以上に使いやすく、新規のユーザーにも親切なホームページデザインへとリニューアルされたことで、コンバージョンのアップが期待されますね。

現代においては、モバイルファーストなホームページデザインは欠かせません。
あなたが所有するホームページも、まずはモバイルファーストなホームページデザインに対応することを考えてみてはいかがでしょうか。

リニューアル制作の費用などの詳しい内容はこちらをご覧ください。
ホームページリニューアル制作の費用や料金相場などをまとめて解説


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。