【最新】勝手にホームページリニューアル分析〜フリエン編〜

【最新】勝手にホームページリニューアル分析~フリエン編~

フリーランスITエンジニアの案件・求人検索サイトとして有名な「フリエン」が、2019年6月に大幅リニューアルされました。
今回は、フリエンのデザインがどのように変更して利便性が向上したのかを解説します。

1.リニューアルされたホームページとその運営企業について

まずは、リニューアルされたホームページがどのようなホームページなのか、そしてホームページ運営している企業について詳しく紹介していきます。

1. リニューアルホームページ「フリエン」とは?

フリエンとは、フリーランスITエンジニアのための案件や求人を検索できる情報ホームページです。
非公開案件も含めると30,000件を超える案件が登録されており、まさに業界最大級となります。

ITフリーランスエンジニアの支援や専任のコンサルタントによるサポート体制がしっかりと整備されているのが、フリエンの特徴です。
「希望していた案件の仕事をゲットできた」「スキルチェンジができた」など、良い評判が多く見られます。

2. 「フリエン」運営企業である「アン・コンサルティング株式会社」とは?

アン・コンサルティング株式会社は、IT案件・求人サイト「フリエン」や、ものづくりをする人たちのプラットフォームサイト「Craftors Port」を運営している、フリーエンジニアリング事業を中心に活動している企業です。

「新しい はたらく を創る」を理念に掲げており、常に新しい職業や働き方を模索しているチャレンジングな姿勢が感じ取れます。

本社は東京にあり、大阪・福岡に支店があります。

2.「フリエン」のリニューアルポイント

フリエンは、6月18日に大幅なリニューアルがされました。これにより、ユーザーにより使いやすい便利なサイトへと生まれ変わったのです。
以下にてフリエンのリニューアルされた箇所について詳しく解説します!

1. 青をベースカラーとした落ち着いたデザイン

フリエンの新サイトでは、「青」をベースカラーに据えた落ち着いたデザインに変更されました。トップ画像・ボタンのカラー・文字色などで「青」系がベースカラーとして使用されています。
またサブカラーとして「黒」「白」「水色」を使用することにより、とても落ち着いた色合いにまとまっています。

青色には「集中力を高める」「気持ちを落ち着かせる」効果があるため、リニューアルされたことでメインコンテンツである案件検索により集中できるようになったのではないでしょうか。

2. 画面全体表示

フリエンの旧サイトは、画面サイズの8割にコンテンツが収まっているデザインでした。
リニューアル後では、画面全体に表示されるサイトデザインに変更。画面100%で表示されるトップ画像がとても目を引きます。

「案件を探す」「サービス紹介」「コンテンツ紹介」「アクセス」部分も画面いっぱいの表示に変更され、それぞれのバックカラーを変えることによってコンテンツの切り替えが非常にわかりやすくなっています。

3.レスポンシブデザインに対応

フリエンの旧サイトデザインは、レスポンシブデザインに対応していません。そのため、スマホやタブレットで表示すると、パソコンデザインがそのまま縮小されて表示されるため、見にくさや使いにくさが否めませんでした。

新サイトデザインからは、スマホ・タブレットからの表示にもしっかりと対応。そのため、スマホからでの操作性も向上し、どの端末からでもフリエンが使いやすくなりました。

4.「最新コラム」などのコンテンツ削除

旧サイトデザインでは、トップページに「案件検索」「最新コラム」「案件特集」「フリーランス案件特集」などのコンテンツが表示されていました。

新デザインでは、それらのコンテンツを削除。「案件を探す」「サービス紹介」「コンテンツ紹介」「アクセス」などのコンテンツに絞ることで、よりスッキリとまとまったサイト構成になりました。

5.「フリエンチャットボット」の追加

旧サイトにはなかった機能が、新デザインで追加されました。それが、「フリエンチャットボット」です。

サイト右下に表示されている吹き出し画像が、チャットボットです。簡単な質問に答えるだけで、ユーザーに合った提案をしてくれる便利なチャット機能となっています。

3.「フリエン」リニューアルによって向上した機能など

フリエンの旧サイトはコンテンツが詰まったデザインでしたが、新サイトデザインでは必要最低限のコンテンツに絞られ、スッキリとまとまっています。

では、これによってユーザーにどのような点が便利になったのでしょうか?以下、その点を解説していきます!

1. 案件探しにより集中できるようになった

フリエンの新サイトデザインでは、トップ画像の下に、拡大した案件検索窓・「タグから案件を探す」・高額案件や地域別案件などを配置しています。
また旧サイトデザインの案件検索コンテンツは8:2の縦分割表示で右側にメニューを配置していましたが、新デザインでは削除しています。

このように、サイト全体がサービスの中心である「案件検索」に特化されたことで、ユーザーは案件検索に集中できるようになりました。

2. チャットボットなどの追加で利便性が向上

新サイトデザインでは新たに「フリエンチャットボット」機能を追加することで、ユーザーがより気軽に案件を検索できるように工夫されています。

チャットボットからの質問に対してまるで会話するように答えると、専任のカウンセラーに気軽に相談できるのは大きな魅力ではないでしょうか。
また「検討中リスト」メニューが一目でわかりやすくなっているため、すぐに検討しているリストに飛べるのも工夫の1つでしょう。

3. スマホからも検索しやすい

新サイトデザインからはレスポンシブデザインに対応していますので、スマホやタブレットからも使い勝手が向上しました。

そのため外出中でもスマホやタブレットを利用して、フリエンで案件検索がしやすくなったと言えますね。

4.まとめ

以上、フリエンのリニューアルについて解説しました。

フリエンの旧サイトデザインでは、トップページにたくさんのコンテンツを詰め込まれていたため、少しゴチャゴチャした印象があります。またレスポンシブデザインではないため、スマホやタブレットからの利用に適していませんでした。

新サイトデザインでは、コラムなどのコンテンツを削除して案件検索に関するコンテンツを大きく表示。そして便利な機能を追加したりスマホ表示に対応したりすることにより、利便性が向上しました。

このようにフリエンは、ユーザーが案件を検索しやすく便利なサイトへと生まれ変わったのです。
スマホ対応されていないサイトの方はユーザビリティのことを考えリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

リニューアル制作の費用などの詳しい内容はこちらをご覧ください。
ホームページリニューアル制作の費用や料金相場などをまとめて解説