UXとは?初心者のための基本解説!

UXとは?~初心者のための基本解説~

UXとは、サイト上の要素から得られるユーザー体験のことを指します。現代のウェブマーケティングにおいて、優れたUXデザインであることは他社と差別化するために非常に重要です。

こちらではUXの概要と優れたUXデザインにする方法を解説しています。

ホームページ制作.jpってどんなサービス?

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり依頼ができる
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

ホームページ制作.jpでお手間なく一括で制作会社を探すことが可能。

ホームページ制作.jpに一括見積もりを依頼する

このページの目次

1.UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略称で、商品やサービスを使った時に得られるユーザーの体験や経験のことを指します。
ウェブサイトで得られる体験や経験には、以下のようなものが挙げられます。

  • デザインが綺麗で見やすい
  • 文字のフォントや大きさが読みやすい
  • 購入までのステップが分かりやすい
  • 求めている情報を見つけやすい
  • 書かれている内容がわかりやすい

このようなウェブサイト上にある要素からユーザーが感じる体験や経験を全てUXと言います。
現代では、競合他社との差別化を測り、より多くのユーザーに商品を購入してもらったりサービスを利用してもらったりするためにUXが非常に大切な要素となっています。

より優れたUXデザインにして他社との差別化を測るためには、サイトの目的を明確にしてターゲットとなるユーザーが求める要素やデザインを組み込んだウェブサイトに仕上げることが重要です。 また、時代の変化に合わせてユーザーが求めるものも常に変化し続けていくので、時代に合わせて改善し続けることも必要になります。

2.UXが大切な3つの理由

UXが重要とされている背景には、競合他社との差別化を測る目的や消費者の購買プロセスの変化、デバイスの多様化などが挙げられます。

【その1】競合他社との差別化を測るため

競合他社との差別化を測るために、UXを拘ることは非常に重要です。
様々な商品やサービスが溢れる現代では、良い商品であることや良いサービスであることは消費者にとって当たり前の前提になっています。

そのため、その中で商品やサービスの良さで差別化を測ることは難しく、良い商品やサービスをどのようにして提供していくかという使いやすさや分かりやすさ、楽しさと言った体験が差別化の大きなポイントになっています。

【その2】消費者の購買プロセスが変化したため

UXが重要である背景の一つに、インターネットの普及による消費者の購買プロセスの変化が挙げられます。
インターネットが普及して浸透するまでは、商品やサービスに興味・関心を抱いた後に様々なサイトを検索するという検索行動はありませんでした。

しかし、現代では興味・関心のある商品やサービスを見つけると、消費者は当たり前のように複数のサイトを比較します。
その中で実際に購買といったアクションを起こしてもらうためには、分かりやすさや操作のしやすさなどが非常に重要になってきます。

【その3】デバイスが多様化したため

ユーザーがウェブサイトに訪れる際に使用する端末が多様化したことにより、様々なデバイスに対応する必要が出てきました。
ユーザーからするとデバイスに適した形でウェブサイトが表示されることは当たり前で、もしユーザーのデバイスでウェブサイトが綺麗に表示されなければそれだけで離脱されてしまいます。
また、ユーザーが求めている以上のクオリティでユーザーを迎えることで、ユーザーに感動体験を与えることがユーザーにアクションを起こしてもらうためのポイントになっています。

3.優れたUXデザインにする5つのステップ

優れたUXデザインにするための以下の5つのステップについて、それぞれ解説しています。
①サイト目的を明確にしてペルソナを設定する
②ユーザーニーズを考え必要な要素を洗い出す
③必要な要素を実際に設計する
④設計したら視覚的なデザインを整える
⑤ユーザー意見を参考に改善を繰り返す

【STEP1】サイト目的を明確にしてペルソナを設定する

まずはウェブサイトによってどのようなことを達成するのかという目的を明確にする必要があります。
ウェブサイトの目的を明確にすることによって、どのようなユーザーにきて欲しいかというペルソナを設定することができ、設定したペルソナにどのようアクションを起こして欲しいのかというウェブサイト上でのゴールを考えることができます。
ウェブサイトは何らかの目的のために作るはずなので、それを達成するためのUXデザインにペルソナの設定と求める行動を設定することが欠かせません。

ペルソナについてはこちらの記事をご覧ください。
ペルソナとは?初心者のための基本解説!

【STEP2】ユーザーニーズを考え必要な要素を洗い出す

ペルソナの設定ができたら、その想定されるユーザーがどのようなことを求めるかを考え、それを満たすための必要な要素を洗い出します。
作り手側都合の自分勝手なウェブサイト作りでは、ユーザーとの間にズレが生じてしまうためです。
ユーザーが求めるものを考える際には、ユーザーを取り巻く環境や趣味嗜好といった内面的な情報も非常に重要になるので、ユーザーになりきって何を求めるかを考えてみましょう。

【STEP3】必要な要素を実際に設計する

ユーザーニーズを考えて必要な要素の洗い出しをしたら、要素の配置や構成を考えて実際に形にしてみます。
この段階では見た目の要素としてのデザインをひとまず置いておいて、どのような設計であればユーザーに満足してもらえるかを考えるだけで大丈夫です。
仮に設計することで、新たに必要な要素が出てきたり不要な要素が出てきたりと、ウェブサイト内に組み込む要素に変更が出てくる可能性があるからです。
万が一この段階で変更が出てきたら、本当にユーザーにとって必要なのか不要なのかを確認するために前のステップに戻ることが大切です。

【STEP4】設計したら視覚的なデザインを整える

実際に要素の配置が決まったら、次は視覚的なデザインを整えていきます。
視覚的なデザインも想定されるユーザーに合わせて設定していくことが重要です。
例えば、ペルソナが男性であれば男性に好まれる色や形にデザインし、女性に好かれるような色や形はなるべく避けます。
デザインもペルソナに合わせて考えていくことが非常に重要です。

【STEP5】ユーザー意見を参考に改善を繰り返す

想定したユーザーのニーズに合わせて洗い出した要素の構成・設計を行い、デザインまで行なったら実際にユーザーに使ってもらいます。
その中で、使いにくい点や改善しなければいけない点が出てくるので、その度に改善をしていきます。
ウェブサイトは一度使ったら終わりではなく、時代の流れによって変化していくユーザーの意見に合わせて常に更新していくことが非常に重要です。
そうすることで、いつでもユーザーにとって満足できるUXデザインを保つことができるからです。

4.優れたUXデザインを持つサイトやアプリの例

優れたUXデザインを持つサイトやアプリの例には、AmazonやLINEが挙げられます。

1.Amazon

これまでの多くのオンラインショッピングサイトは購入するたびに情報の入力や支払い方法の選択、お届け方法の選択が必要でしたが、Amazonはあらかじめ情報を登録しておけばたったのワンクリックで簡単に商品を購入することができます。
購入にあたっての手間を省くことはより快適なUXをユーザーに届けることに繋がり、一度体験したユーザーはまた利用してくれる可能性が高くなります。
現在はサイトを開かなくてもボタンで注文できる仕組みを作り、さらに快適なUXを追求しています。

2.LINE

LINEが出る前のメールは相手のメッセージと自分のメッセージを一目で見ることができませんでしたが、LINEは同時に見ることができ、会話をするような気分で気軽にメッセージを送り合えるようになりました。
昔のメッセージのやり取りを見るのも画面をスクロールするだけで違う画面に移動する必要がないので、メッセージ確認もとても簡単です。
検索機能を使って日にちやキーワードから検索することもできます。

5.まとめ

UXとは、商品やサービスをとして得られるユーザー体験のことですが、ウェブマーケティングにおいて非常に重要な要素になっています。
ユーザーにとって良い商品や良いサービスであることは当たり前の前提で、商品やサービスの質以外の点で競合他社と差別化をする必要が出てきたからです。

優れたUXデザインを持つウェブサイトを作るには、サイト目的を明確にしてターゲットとなるユーザーを想定し、想定されるユーザーニーズに合わせて必要な要素を取り入れていくことが大切です。 時代に合わせてユーザーニーズは変化していくので、改善し続ける努力も欠かせません。


ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。