【2019年版】塗装会社のホームページ制作についてまとめてみた

【2019年版】塗装会社のホームページ制作についてまとめてみました

塗装会社のホームページは塗装のことをユーザーに知ってもらうことが大切です。多くのユーザーは塗装のことについて何も知りません。そのためどのようなことをいくらでやってくれるのかというのも知らないユーザーがほとんどです。

知らないことをお願いするとなると心配は多いですよね。そんな心配事をホームページでは解決していく必要があります。塗装の期間やいくらでできるのか、仕上がりはどんな感じなのかをしっかりと知ってもらいましょう。

どうしたら上手く伝わるのか、参考にしたい塗装会社のホームページを見てポイント等を洗い出していきましょう。

1.参考にしたい塗装会社のホームページを解説

1.マツオ塗装株式会社


http://06tosou.com/

「マツオ塗装株式会社」のホームページは少し面白い設計になっています。トップページが縦に1枚1枚スライドできるようになっていて、各ページがしっかりと区切られているというものです。

スライドは5枚で1ページ目がメインビジュアルということになりますね。塗装会社らしく塗装している様子を見ることができ、明るい雰囲気です。「あらゆる塗装のコーディネーター」ということでマツオ塗装株式会社のコンセプトも分かります。

特にカルーセル等使われているわけではありませんが、インパクトがありますね。メインビジュアルの画像とコンセプトの文字の被せ方も上手いので、参考にできそうです。

ページで飛ばせるということもあってか、トップページはどこのページも四角で区分けされており整理されている感じが伝わります。塗装を頼むならきっちりとしているところに頼みたいのは誰しも同じです。それがホームページから伝わってくるので、大きなアドバンテージになりそうですね。

下層ページはスライド形式ではなく、一般的なホームページと同じようになっています。上手く区分けされているので、見やすいのには変わりないです。特段変わったことをしているわけではないですが、シンプルに見やすいので参考になります。

2.信栄塗装


https://shinei-en.com/

「信栄塗装」のホームページはオレンジがベースに使われていて、明るい印象を受けます。メインビジュアルには塗装している職人の顔にフォーカスを当てた画像が使われていて「塗料に想いを混ぜています」という文章とマッチしていますね。

塗装している対象にフォーカスを当てずに職人にフォーカスを当てることで安心感をユーザーに与えられます。どういう人が塗装しているのかはユーザーからしたら気になるところなので嬉しいです。

トップページは少し長めに作られていて、コンテンツも充実しています。塗装施工実績があったり信栄塗装が選ばれる理由があったり、知りたいことは大体トップページで済んでしまいそうです。

そして「職人紹介」というコンテンツも用意されています。職人紹介のページへ飛ぶと代表を筆頭に各職人がプロフィール付きで紹介されていて、その人がどんな職人なのか一目で確認できるので安心して塗装を任せられそうです。

他の職人から見た印象も一言ずつ書かれていて、工夫されています。人は第三者からの情報を信じる傾向にあるので、この職人紹介ページはぜひ参考にしたいです。

メニューバーは固定されていて、無料見積りがいつでも申し込めるようになっています。やはり、最終的には問い合わせをしてもらうことが目的なので、この点を抜かりなくカバーしていくことは大切です。

顔が見えていることで、安心感もあり問い合わせにも丁寧に対応してくれそうという印象も与えられます。

3.戸祭塗装株式会社


https://tomatsuri-tosou.com/

「戸祭塗装株式会社」のホームページはとにかく明るいポップなホームページです。色使いがいかにも塗装会社という感じで、明るく仕事を請け負ってくれるような印象。

メインビジュアルはロゴだけの設定でシンプルですが、その分背景に気を遣っているようです。背景はメインビジュアルの部分だけ被せてあり、塗装の様子と色付きのタイルが流れています。

メインビジュアルが大きく表示されるホームページが多いですが、戸祭塗装株式会社のような作りもありですね。他の会社と違ったホームページを制作したいということであれば参考にできそうです。

トップページは短くテキストリンクや画像付きボタンで構成されています。ごちゃごちゃしていないので迷う心配がなく、ユーザー的には見やすいホームページでしょう。画像付きボタンの画像もイラストを交えたりしていてポップな感じになっています。少し手間ですが、こういうところでホームページの印象は左右されるので手を抜かずにこだわっていきたいところです。

トップページの背景は壁の材質のようなものが見られ、ここにもこだわりを感じますね。塗装会社のホームページだということを意識して制作されているのが分かり、ホームページのデザインと会社の関連性がよく分かります。

意識して見ているユーザーは少ないかもしれませんが、ホームページ全体の印象としてしっかりと刷り込まれるのでしっかりと考えたいところです。

4.有限会社凪塗装


https://nagi-tosou.com

「有限会社凪塗装」は先に紹介した3つのホームページよりもかっちりとしたイメージのホームページです。ベースの色は緑で、真面目な印象を持つこともできます。メインビジュアルは職人と塗装している様子、実績の証明であるトロフィーがトリミングされて、さらにお客様満足度や施工実績件数等も載せられていて盛りだくさんです。

カルーセルや動画は使われていないので動きはありませんが、メインビジュアルだけでもしっかりと情報を得ることができます。トップページのコンテンツは豊富でLP(ランディングページ)のような作りになっていますね。

ユーザーが他のページに飛ぶことなく、有限会社凪塗装のことを大まかに知れるのでここだけでも完結できてしまいそうです。下層ページも意外と長い作りになっています。画像付きボタンや表を上手く使ってはいるものの、色や配置に統一感がなく少し見づらいかもしれません。

どうしたら見やすいホームページになるのか考えていきたいところですね。下層ページの数も少し多いのでまとめられるコンテンツはまとめておくのが良いでしょう。有限会社凪塗装の下層ページを参考にどうまとめられるか考えるのも良いですね。

サイドカラムはどのページにも固定で設置されており、バナー等も豊富です。サイドカラムは載せることがなくページの途中で終わってしまうことが多いですが、有限会社凪塗装のサイドカラムは存在感があります。サイドカラムの使い方、バナーの設置内容は参考にしたいですね。

2.塗装会社のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

塗装会社のホームページの制作費用の相場は500,000円程度です。ホームページにこだわりがあり、下層ページの数が多いことから一般的なホームページよりも少し高い相場感ですね。

ただ、会社によっては大幅に費用を抑えることもできます。どこまでホームページに載せるのか、どのようなデザインにするのかしっかりと考えてホームページ制作をしていきたいです。

トップページの費用は150,000円程度でそこまで高くないですね。ページが長くなり、カスタムすることでその分費用も高くなるので予算と相談すべき点です。ホームページ制作の中で一番費用のかかる部分なので、どのくらいかけるか検討していきましょう。

下層ページは1ページあたり30,000円程度で作ることができます。どのくらい下層ページを作るか悩みどころですが、塗装会社の場合そんなに多くする必要はなさそうです。というのも多くのユーザーには塗装に関する基本的な知識がありません。そのためどこを見たら良いのかというのもほとんどの場合分からないのです。

下層ページをいくら多くしても、分からない言葉があったら飛んでもらえないので意味がなくなってしまいます。

大分類で大きく分けて関連がありそうなものは一緒に書いておくと迷うこともなく使いやすいホームページになりますね。

そして最大の目的でもあるお問い合わせフォームですが、こちらは30,000円程度で制作することができます。必ず入れる項目になりますが、塗装会社にはお問い合わせフォームの他にもお見積りフォームを用意しているところがあるようです。

このシステムを組むかどうかは相談して決めていくのが良さそうですね。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.塗装会社のホームページを制作する際のポイントと注意点!

塗装会社のホームページの役割は塗装を検討しているユーザーからのお問い合わせを増やすことです。お問い合わせを増やすわけですから、興味付けをホームページ内でしっかりとしないといけません。どんな人でもホームページを見れば塗装について分かるということを意識しながら制作していくのが良いですね。

具体的にはどのようなポイントがあってどこに注意したら良いのかを見ていきましょう。

1.制作時のポイント

塗装会社のホームページ制作時のポイントは不明確な料金の目安や塗装の流れをしっかりと見せるということです。場合によっては信栄塗装のように職人の紹介があるとより安心して塗装を頼むことができます。

料金については正直なところ現場を見ないと判断できないということが多いので、大体の目安や過去の施工実績から参考例を挙げるとユーザーもイメージしやすいです。

お問い合わせ件数を増やす上で料金の目安がないと、そこから聞かなくてはならないのでユーザーにとっても塗装会社にとっても手間になってしまいます。また、不明慮だと興味自体も惹くことが難しいので載せるのがオススメです。

2.制作時の注意点

制作時の注意点は、専門的な領域になるので噛み砕いて説明をしていくということです。もちろん文章だけではなかなか伝えにくいこともあるとので、上手く画像や表を活用していきます。

視覚的な情報があった方が理解しやすいですし、離脱の防止にも繋がるので意識的に挿入するようにしましょう。

大切なのは第三者から見て分かりやすいかどうかです。制作しているとついつい基礎知識が前提になってしまいます。第三者の意見も参考にしながら制作していくと分かりやすいホームページになりますね。

4.塗装会社のホームページ制作のまとめ!

塗装会社のホームページはユーザーの知りたいことをどこに持ってきて、どう見せるかが重要です。コンテンツが多くても迷わないようにしっかりと案内することができればニーズに応えることもできます。

最終的にはお問い合わせをしてもらうということは忘れずに制作していくことで、ホームページの力が最大限に引き出すことが可能です。

ついついコンテンツの説明ばかりに力を入れてしまいがちですが、最終的な着地点を見据えてホームページ制作をしていきましょう。お問い合わせボタンを固定で設置する等の工夫も忘れずに制作していきたいですね。

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。