【2019年版】司法書士事務所のホームページ制作についてまとめてみた

【2019年版】司法書士事務所のホームページ制作についてまとめてみました

司法書士事務所のホームページに訪れる人の多くは大体が悩みを持っています。その悩みが司法書士事務所によって解決できるかどうかが知りたいわけですから、そのことについて知れないと意味がないです。

その他にもあった方が良いコンテンツやサービスがないかを考えてみると、より良いホームページを制作することができます。

参考にしたいし司法書士事務所のホームページを見つつ、制作時のポイントや注意点を見ていきましょう。

1.参考にしたい司法書士のホームページを解説

1.八重洲リーガル司法書士事務所


https://www.yaesu-l.jp/

「八重洲リーガル司法書士事務所」のホームページはメインビジュアルの左横にメニューバーが固定されています。このメニューバーは細い感じではなく結構なスペースを取っていて存在感がある感じです。

存在感はありますが、色がきれいに配色されているので違和感はありません。パステルに近い色でホームページ全体を明るい感じにしてくれています。また、固定されているのでお問い合わせフォームもいつでもある状態です。しっかりと考えられて作られていますね

メインビジュアルは固定の画像でカルーセルや動画は使われていないようです。「不動産名意義変更登記、会社設立など」と書いてあるので大体のサービス内容がメインビジュアルで分かります。

メインビジュアルのすぐ下には、詳しいことが箇条書きで書いてあり分かりやすいです。法人と個人の枠を分けているのも良いですね。テキストの量はトップページではそんなに多くは感じません。どのくらい載せたら良いのか分からない場合は参考にしましょう。

ツイッターもやっているようでコンテンツの途中でニュースとして載せています。基本的にSNSはヘッダーやフッターに載せるところが多いので、面白い見せ方ですね。サイトも運営しているようで、そのリンクも貼ってあります。他に運営しているものがあれば積極的に載せていくと多くのユーザーの目に触れることができるのでオススメです。

2.グリーン司法書士法人・行政書士事務所


http://green-osaka.com/

「グリーン司法書士法人・行政書士事務所」はグリーンということからか緑がベースになっているホームページです。トップページは意外と長く、LPのようなデザインになっています。とは言ってもテキストは少なく、他の事務所の紹介やバナーが基本です。

トップページの使い方としては少し違和感がありますが、相互に紹介してもらえるのであれば問題ないかもしれません。とりあえずグリーン司法書士法人・行政書士事務所のことをトップページで知ることは難しいようです。

メインビジュアルはイラスト風にスタッフの人の顔が書かれています。それが載っていて「わたしたちは信頼で育つグリーン」ということも書かれていますね。メインビジュアルに企業理念やキャッチコピーを載せるのは大切ですが、意味の分からないものだと意味がないのでしっかりと考えて載せるようにしましょう。

下層ページはしっかりとテキストがありますが、量はそんなにありません。画像やバナーが多いので明るい印象なので、この辺の八は参考にできそうです。

ページ数が意外とあるので、導線をしっかりと確保したいところですね。

3.司法書士青木事務所


https://aoki-jimusho.net/

「司法書士青木事務所」はめちゃくちゃシンプルなデザインのホームページです。基本的にはイラストで、緑の線で構成されていてかわいい感じですね。

メインビジュアルは男性が珈琲を誰かと飲んでいるイラストがあり、なんだか和やかな雰囲気です。そして「ご存知ですか?法律のこと」ということが書かれています。倒置法で印象的なのでメインビジュアルにあって良いですね。

トップページは非常に短く、すぐに目を通すことができます。お問い合わせフォームはフッターにあるので、最後にはお問い合わせをすることができるというわけです。

下層ページですが、非常にコンパクトで借金のことや不動産のことが3行ほどで説明されています。だいぶコンパクトですが、司法書士青木事務所のような説明も分かりやすいので良いかもしれません。

参考に覚えておいて損はないです。下層ページの他にリンクがあるのですが、こちらでもテキストは少なくまとめられています。

その量からか、画像等は一切ありません。なくても違和感がないというかない方が良いので、上手くデザインされていますね。

4.ひかり司法書士法人


http://hikari-sihoushosi.com/

「ひかり司法書士法人」はスタンダードなホームページで見やすいです。メインビジュアルはカルーセルで価格設定に関してのことや開業80年ということが書かれています。

画像はひかり司法書士法人の中の様子が見られるので安心感もありますね。トップページのコンテンツはニュースとインフォメーションが多くを占めていてテキストリンクになっています。

他には業務案内やひかり司法書士法人のことについて知ることができます。画像付きのボタンが見やすさはあるので、全体的な配置は参考にしたいです。

下層ページもシンプルなデザインで、特にこだわり等がない場合は同じようなデザインになると思うので、参考に見ておいてください。

代わり映えはないですが、非常に見やすいホームページです。

メニューバーの上には中国語の選択ができる欄もあり、言語が変えられるみたいですね。業種にもよりますが、言語変換できるのも便利で集客ができるので検討しても良いかもしれません。同じところにお問い合わせフォームも置いてあります。

2.司法書士のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

行政書士事務所のホームページ制作費用の相場は500,000円程度です。カルーセルやアニメーション等を実装しているところは少ないですが、作地込まれているためその分高くなってしまう傾向にあります。また、下層ページも多くなりがちで、その辺はしっかりと考えないと費用はどんどん上がっていくので注意が必要です。

トップページは150,0000円程度で収まりそうなので、特に気にしなくても良さそうです。今回紹介したホームページはどれも特徴があるのでもう少しかかりそうですが、相場はこの辺で収まります。

下層ページは1ページあたり30,000円程度で制作することができ、コンテンツによっては安く収めることができそうです。司法書士事務所の場合、下層ページは多くなってしまう傾向にあります。

もちろん、少なくしようと思えばできるのですが、どこで区切るのか考えるのはなかなか難しいです。もちろん詳しくホームページで分かった方が良いのですが、多くなりすぎてしまう場合は線引きをした方が良さそうですね。

費用をそんなにかけたくないのであれば、下層ページをまとめることが大事ですし、ユーザーの使い勝手を考えるのであれば上手く分類していくことが大切になってきます。

バナーやロゴは20,000円程度で制作できるので、一緒に作っておくと色々便利でしょう。とは言うもののないところも多いので、無理に制作する必要はなさそうです。

お問い合わせフォームはどこの司法書士事務所も用意しているので、設置しておきましょう。お問い合せ内容等記入してもらって、無駄なやり取りを減らすことができるので有効に使っていくと効率的です。

お問い合わせフォームの制作費用は30,000円程度ですが、カスタムするとその分上乗せされるので相談してみましょう。

3.司法書士のホームページを制作する際のポイントと注意点!

司法書士のホームページの役割は業務の内容を知ってもらい、実際に相談してもらうことです。何ができるのか、どこが強みなのかを知ってもらう必要があります。

どうしたら十分に事務所のことを知ってもらえるのか、依頼したいと思うのかポイントや注意点を見ていきましょう。

1.制作時のポイント

司法書士事務所のホームページ制作時のポイントは画像や表をタイミングを見て使っていくということです。司法書士事務所ということで難しいという先入観があります。ページ全てをテキストで埋め尽くすとそれだけで惹かれてしまうので、画像や表をバランスよく配置しましょう。

テキストだけでも問題はないですが、やはり見にくいということはありますし、先入観で難しそうに感じて読むことをやめてしまいます。スペースを上手く使えば多少は解消できるので、スペースも上手く使ってください。ただ、スペースで解決できるのはデバイスがPCで見ている場合のみになります。

そのためできるのであれば、画像や表を挿入するようにしましょう。

2.制作時の注意点

制作時の注意点は、ポイントで書いた挿入する画像の選定をしっかりとするということです。司法書士事務所と聞いて連想する画像ってなかなかないですよね。そういう業種の画像選定は難しいので、慎重に選定していく必要があります。

イメージと合うもの、コンテンツに関連しているものでデザインを崩さないものを得選びましょう。適当に選定したものを挿入して、ホームページの雰囲気に合っていないものになってしまうと一気にホームページのバランスが崩れてしますので注意が必要です。

どういう画像であれば合うのか1回1回試しても良さそうですね。

4.司法書士のホームページ制作のまとめ!

司法書士事務所というとなかなか業務内容が分からず、不透明な部分が多いです。それを知るためにホームページに来てくれているわけなので、しっかりと伝わるように制作していきましょう。

難しい用語で説明しなければならない場合は上手く例等を使って、少しでも分かりやすいように工夫すると分かりやすいです。難しいコンテンツ程気を遣って制作していくと誰もが見やすいホームペーになります。

ホームページを制作する際の最終的な目的や役割を頭に入れつつ制作していきましょう。