【2019年版】自動車販売店のホームページ制作についてまとめてみた

【2019年版】自動車販売店のホームページ制作についてまとめてみました

自動車販売店のホームページは誰もが分かるように自動車を販売することが目的です。ただ、車はインターネットで即決できるような金額ではありませんし、契約書も書かなければなりません。そのため購入時には来店してもらうことになります。

そのために色々知ってもらう必要があり、ホームページはその点で大きな役割を果たすのです。どんな車があって、どんな性能なのか、また他のサービスにはどういったものがあるのかも紹介することも大切な役割いうわけですね。

十分に自動車販売店のことを知ってもらうにはどのような構成にすれば良いのか参考になる自動車販売店のホームページを見ながら確認していきましょう。

1.参考にしたい自動車販売店のホームページを解説

1.日産自動車販売


https://ni-jihan.nissan-dealer.jp/top.html

世界の日産の車を販売する「日産自動車販売」のホームページは意外とシンプルです。メインビジュアルはカルーセルになっていて11枚の画像が流れています。11枚もあるので1枚1枚が流れるスピードは速いです。ただ普通に速く流しているだけでは1枚を読む前に次の画像に流れてしましますが、そこはしっかりと対策されていて次に流れてくる画像が順次3枚右側に見られるようになっています。

次に流れてくるものがどんなものなのか分かるだけで準備ができ、ユーザーは読みやすくなりますよね。ユーザーのことを考えて作られています。

トップページにあるコンテンツは「ブログ」「おすすめ情報」「アフターサービス」の3つです。それぞれ画像付きのボタンで飛べるようになっており、車に詳しくない人でもなんのことを言っているのか分かるようになっています。

もちろんメニューバーにはより詳細なコンテンツも載っているので、あくまでもトップページの見やすさを考えた上で作られているようです。

それからトップページの下の方では、新車、中古車、サービスから各内容を検索できるようにもなっています。どんな悩みや考えがあってホームページにきているかを上手く把握して案内できているので参考にしたいですね。

下層ページは伝えたいことによって表示形式が使い分けられていて車検等は説明文もしっかりと書かれており、メリハリがついています。

どこをユーザーが説明して欲しいと思っているかを汲み取ってホームページ制作をすると反応も良さそうですね。

2.東京自動車株式会社


https://tokyozidousya.co.jp/

「東京自動車株式会社」は自動車販売というよりは車検の方にフォーカスを当てているホームページのようです。というのもメインビジュアルには自動車販売のことではなく、車検や自動車保険の紹介がされているため。自動車購入の需要よりも車検の方が需要が高いので、戦略的ですね。

メインビジュアルはカルーセルで特に変わりはありませんが、スクロールすると画面右側に車検とお問合せボタンが表示されるようになっています。さらにトップへ戻るボタンも表示されるので、使い勝手は良いです。

ボタンもただのボタンではなく、ポップにデザインされたものでついクリックしてしまいたくなります。

東京自動車株式会社のホームページの特徴はトップページにスタッフが多く登場することです。画像として載せられているのではなく、見出しのところやボタンに載せられていてスタッフの人がホームページ内を紹介してくれているようになっています。特になにかされているわけでもないのに、親近感が湧いて「ここなら安心して任せられそう」と思うユーザーも多いのではないでしょうか。

ホームページを制作する上でこのようなアプローチ方法も知っておきたいですね。

色は赤がベースですが、その他の色も多く使われています。ただ、不思議とごちゃごちゃした印象は受けません。区画がきっちり分けられてまとまりがあるからですね。統一感を意識すると同じ色のみになってしまいがちですが、東京自動車株式会社のような色使いもありです。

3.株式会社光岡自動車


https://www.mitsuoka-motor.com/

「株式会社光岡自動車」のホームページはとにかくかっこいいです。メインビジュアルは画面いっぱいに動画が再生され、躍動感があります。車の見せ方も非常に上手く「あー、これは乗りたい」と思わせるような動画です。

配色も暗めの落ち着いた感じのトーンで高級感を感じます。大人の車という印象ですかね。車は男のものというのが世間一般での印象ですが、動画内では女性も運転していてイメージが変わります。コンテンツに使われている画像にも女性が多く登場しているので、女性も男性もターゲットにされているようです。トップページの構成もきっちりと分けられており、スクロールするとスルスルと動くのではなくページが飛ぶような感じで動きます。

文章だとピンとこないかもしれないので、ぜひホームページを覗いてみてください。ちなみにトップページにはほとんど文字がありません。あるのは画像とそれぞれのキャッチフレーズのみ。トップページ全体が大きなメニューになっているような感じです。

なかなかないタイプのトップページで、斬新さでは秀でるものがあるでしょう。ただ、インパクトはありますが、その分何を伝えたいかというのははっきりと分かりません。

文字がないので当然ですが、これはホームページを運営する方としてもリスクになり得るでしょう。それを超える興付けが株式会社光岡自動車のホームページではできているので凄いです。

特殊な形のホームページにはなりますが、ホームページ制作をする上で参考になることが多いホームページなのは間違いないですね。

4.株式会社ホウセイ


http://www.hoseigroup.com/

「株式会社ホウセイ」のホームページはトップページがとにかく短いです。トップページの半分以上がメインビジュアルでコンテンツはありません。

これも面白い形のホームページですね。メインビジュアルには動画が流れていて、CMのような感じで見ることができます。動画自体が短いのでもう少し長くても良いかなという印象ですが、情報量が多くない分伝えたいことがしっかりと伝わるでしょう。

メインビジュアルの下はすぐにフッターになっていて、同時にメニューの役割もしています。ここに「会社概要」や「各種サービス」「工場紹介」なんかがあるので、それぞれの目的によって選択したところへ飛べますね。読むところがここしかないので見落とすということもなく、目的のものがすぐに見つかるという点はこのホームページのメリットです。

一応メニューバーもあり、各車のブランドのロゴが並んで表示されています。分かる人には分かりますが、詳しくないという人は分からないかもしれません。そこを考えるとややユーザビリティーに欠ける部分もありますが、そもそも興味がある人しか見ないだろうということであれば良いスクリーニングにもなります。

2.自動車販売店のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

自動車販売店のホームページ制作費用の相場は400,000円程度です。安くも高くもない標準的な費用ですね。

トップページは100,000円程度。下層ページは30,000円といったところが相場になります。今回の参考例は少し偏ったものも挙げましたが、一般的なホームページだと日産自動車販売店のホームページが一般的なホームページです。

バランスも良いですし、見慣れている人も多いので見やすく迷うこともなく案内することができます。ただ、サービスが多いと下層ページも増えるため費用がかかるので、どこで分けるのかは考えましょう。

ロゴのデザインは決まっていることが多いのであまり考えなくても良いですね。バナーは20,000円程度でどんなバナーにするかは要相談です。

それから自動車販売店ということでお問い合わせフォームを作っているところも多くなっています。来店の予約なんかもできると来店率が上がるので、入れても良いかもしれませんね。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.自動車販売店のホームページを制作する際のポイントと注意点!

参考例を見てもらえれば分かるように自動車販売店のホームページはそれぞれ大きく違います。伝えたい内容やコンテンツの見せ方によってホームページのデザインや構成も変わるのです。

どうしたら任意のコンテンツに目を向けることができるのか、ポイントや注意点を見てみましょう。

1.制作時のポイント

自動車販売店のホームページ制作時のポイントはデザインにあります。色使いやコンテンツの配置の仕方、画像の雰囲気を考えて伝えたいこととマッチするようにしましょう。

きっちりとした印象を与えたかったり、ユーザーの使いやすさを考えるのであれば日産自動車販売のようなスタンダードな形のものが良いですし、ちょっと変わった感じで印象に残したり興味を持ってもらいたいのであれば株式会社光岡自動車のようにするのもありです。

また、自動車販売ということもあってか画像を使うことが多くあります。画像はスペースを占める割合が多く、まとまったところに挿入するとホームページ全体の印象を変えてしまいかねません。

どういった画像が適正でホームページ全体のイメージを崩さず、伝えたいことを伝えられるか考えながら選定しましょう。

2.制作時の注意点

制作時の注意点は画像や動画ばかりに頼らないようにすること。画像や動画は確かに便利ですが、そればかりに頼ってしまうと抽象的で結局何が言いたいのかということが伝わりません。

ホームページを制作している方からすると意図が分かっているので、気付きにくいですがユーザー目線で考えると漠然と「かっこいい」「便利そう」と思うだけのことはよくあります。

これではホームページがある意味がないのでなぜその画像や動画を使うのか、見ているユーザーがどう思うのかを挿入前に考えるようにしましょう。

あくまでも画像や動画は伝えたいことの補助的な位置でしかないと考えておくと良いです。

4.自動車販売店のホームページ制作のまとめ!

自動車販売店のホームページは自動車とその周辺のサービスを売るために魅力を伝えることが重要です。

どのような見せ方をしたらユーザーが魅力的に感じるか、どのような説明をしたら魅力的なサービスに見えるかを制作する上で考えなければなりません。また、ホームページにくるユーザーの目的は「お目当ての車がある」「車検がいくらかかるのか」「保険は入るべきなのか」というように様々です。

全員が全員車の購入を検討しているかというとそうではないので、目的のコンテンツへたどり着けるように分かりやすい導線を作っておくように意識するとユーザーからも評価の高いホームページを制作することができます。

ホームページ制作のことでお困りのことはありませんか?

優良制作会社を一括比較することで適正な【価格】がわかります!

ホームページ制作会社の一括見積もりサービス

  1. 審査済のホームページ制作会社に見積もり
  2. お客様に適切な制作会社を探すことができる
  3. 無料でお断り代行サービスもしてもらえる
  4. 何度でも無料相談ができる

お急ぎの方はお電話ください。0120-900-587

ご担当者名

未入力です。

ご連絡先電話番号

無効な電話番号です。

メールアドレス

無効なメールアドレスです。