【2019年版】広告代理店のホームページ制作についてまとめてみた

【2019年版】広告代理店のホームページ制作についてまとめてみました

広告代理店のホームページはホームページそのものが会社の広告となるので、非常に重要な役割を果たします。広告代理店ということで、広告をどのように広めていくかというのが常に求められているのに自社のホームページがイケてないとなっては顧客も獲得できません。

どうしたら会社に興味を持ってもらえて、一緒に仕事をしたいと思ってもらえるのか考えながらホームページ制作をしていけると良いですね。

参考にしたい広告代理店のホームページを挙げたりもするので早速ポイント等を見ていきましょう。

もちろん最終的には顧客を獲得することが目的なわけですが、BtoBのことが多いので

1.参考にしたい広告代理店のホームページを解説

1.株式会社 電通


http://www.dentsu.co.jp/

まずは日本最大の広告代理店でもある「株式会社電通」のホームページですが、最大手の割には意外とシンプルな作りになっています。

ただ、ホームページ全体のまとまりはしっかりとありますね。トップページはコンテンツがタイル状に区切られていて、それぞれに違う色が割り当てられています。見た目は鮮やかでクリエイティブな感じが伝わってくるのではないでしょうか。

そしてこのタイルはただ単に置かれているわけではなく、それぞれがカルーセルになっていて動きがあります。これは面白いですね。シンプルなデザインながらもしっかりと工夫が見られて、それぞれのコンテンツをつい読んでしまいます。

ここの肝はカルーセルの動くタイミングがそれぞれ微妙に違っているということ。こういうのってつい一斉に動くようにしてしまいがちですが、それだと関心が引けないのも事実。上手くタイミングをずらすことで見ている人が常に違う情報に触れられるようにしています。これはぜひ参考にしたいですね。

トップページはこのタイル状のコンテンツだけで他には特にありません。シンプルで見やすいトップページになっています。トップページがすっきりしている分、メニューバーには詳細が書かれているので迷う心配はなさそうです。

下層ページは比較的テキストが多く、あまり画像等は使われていない印象。ただ、量はそんなに多くないので読んでいて疲れたりはしないですね。

2.株式会社 フロンテッジ


http://frontage.jp/

「株式会社フロンテッジ」はシックなデザインのホームページです。このシックな感じがどこから伝わってくるのかというと、やはり画像だということが分かりました。ホームページ制作する上でデザインや構成ももちろん大切ですが、画像もデザインの一部になっているんだということが分かります。

やはりページのスペースを大きく使う分印象付けもしやすいというわけですね。画像選定に悩むことや、ページ全体がまとまらなくて困るようであれば参考になるホームページです。

また、メインビジュアㇽも面白いですね。カルーセルになってはいるのですが、カルーセルの左にメニューが固定されて置かれています。ちょっと表現しにくいので気になる方はぜひホームページを見てみてください。

コンテンツは「WORK」ということで実績が載せられています。ここの画像選定と統一感が凄く上手いです。それぞれが映画のポスターのような雰囲気でついつい見てしまいますね。

カーソルを当てると内容の説明が表示されると同時に黄色いスポットライトのようなものも当たるようになっていてこだわりが見られます。

下層ページに飛んで見ると驚きなのが、カルーセルが実装されているページが多いということ。基本的に「WORK」のコンテンツにはある感じです。

カルーセルの下には程よい量のテキストがあり、英語訳も一緒に載せられています。英語のアプローチはなかなかしているところがないので、海外や外資系からの受注を狙っているのであれば積極的に載せた方が良いかもしれません。

全体的にまとまりもあり、しっかりとフロンテッジの良さも伝わってくるホームページですね。

3.株式会社DigiCon


http://www.dcon.co.jp/

「株式会社DigiCon」は下層ページのないホームページです。なかなか採用しているホームページはないので珍しいかもしれませんね。

メインビジュアㇽには会社名とどんなことをしているのかを簡潔に書いています。カルーセルの実装もなく、恐らくスクランブル交差点であろう画像が背景に使われていますね。

下層ページはありませんが、メニューバーはしっかりとあり、各コンテンツへすぐに飛べるようになっています。ページ自体もそこまで長いというわけではないので、メニューバーを使わなくても見ていけますがあった方が便利でしょう。ユーザビリティーえお考えていますね。

気になった点は画像を特に使っていない点。絶対に必要なわけではないが、あった方がやっぱり安心感はあるのかなという印象。画像は載せておいた方が良さそうです。

それから実績紹介がないのも広告代理店にとっては致命的でしょう。どういう広告が打てるのかが分からないと実際に頼もうとは思ってもらえません。できることならば実績も載せておきたいですね。

下層ページがないというのは迷うことがないのでメリットにもなりますが、一方で伝えたいことが伝わらないということにもなります。

ここのメリット・デメリットを考えつつホームページの設計を考えるのが良さそうです。

4.ヴァンテージマネジメント株式会社


https://www.vantage.jp/

「ヴァンテージマネジメント株式会社」はメインビジュアㇽに社内の様子や会議の様子が載せられています。温かい雰囲気で広告を運用する人の顔も見られるので安心感に繋がりますね。

コンテンツは「Message」や「Member」というように一般的なものがあり、知りたいことはトップページで知れそうですね。テキストが多めにはなっていますが、スペースの使い方が上手く見にくいというのはあまりありません。

テキストもただ埋め込まれているというわけではなく、スクロールしていくとアニメーションが付けられていて、横からふわっとテキストが登場するように工夫されています。

テキストが多い分こういう工夫がされているのは参考にしたいですね。メニューバーの配置からも分かるようにヴァンテージマネジメント株式会社はメンバーの顔見せてどんな人と仕事をするのかにフォーカスを当てているようです。

「世界で最も有能な人材が集う空間を創造する」とあるように人材に力を入れているので他の広告代理店とは少し違ったアプロ―チになりますね。確かに実績も大事ですが、広告は顧客側とどういった展開にしていくかをしっかりと話し合う必要があります。意思疎通ができていないと狙ったところに刺さらないので、意味がなくなってしまうのです。

その点を上手くカバーできているアプローチなのかなと思います。メンバーの写真は蜂の巣状になっていて工夫して見せられていますね。

2.広告代理店のホームページ制作費用・相場観ってどれくらい?

広告代理店のホームページ制作費用の相場は400,000円程度です。そんなに高い印象はなく、クオリティー的な面でもめちゃくちゃこだわっているというところは少ないようですね。

広告代理店なのでもう少しこだわった感じなのかなと思っていたのですが、そんなこともありませんでした。相場は400,000円と書きましたが今回紹介した4つの広告代理店のホームページを見てもらえれば分かるように、ここだけでも相当差が生まれています。

こだわればこだわるほど費用は高くなり、逆に特に何もしなければ200,000円くらいでも収まりそうです。ホームページに力を入れるかどうかは会社によって変わりそうですね。

トップページは100,000円程度となっております。長くなることは少ないようで、費用がかかるとしたらメインビジュアㇽのところか、アニメーションを入れていくかです。必要なければ省けるので予算と相談して決めていきましょう。

下層ページは30,000円程度で、特に変わったところもないので大きなズレはなさそうです。フロンテッジのようにカルーセル等を実装すると高くなるので使い分けも必要になってきます。

コンタクトといういわゆるお問い合わせフォームは、あるところとないところがあるようですがあって損はないので作っておいた方が良さそうです。

詳しい相場感や費用に関してはこちらのページをご覧ください。

3.広告代理店のホームページを制作する際のポイントと注意点!

広告代理店のホームページの役割は広告代理店がどんなことをして、どの分野の広告に強いのかを知ってもらうことです。

どう見せると魅力的に見えるか、分かりやすいのかを考えてホームページ制作そして行けると良いですね。

制作時のポイントや注意点を見ていきましょう。

1.制作時のポイント

広告代理店のホームページ制作時のポイントは実績をしっかりと載せてアピールをしていくということ。広告代理店のホームページを見にくるユーザーは過去にどんなことをしてきたのかを見たがります。

固定のサービスがあるわけではなく、顧客によって広告の打ち方も変わってくるからです。

ここを上手く見せることで会社そのものの信頼にも繋がります。どういう広告を打ってどういう結果になったかを見せておくことも大切ですね。また、顧客が困っていることをしっかりと汲み取ってあげることも大切です。

2.制作時の注意点

制作時の注意点は何を伝えるのかを埋もれさせないこと。広告代理店のホームページはテンプレートというものがなく、企業によってそれぞれ違います。

過去の実績をウリにしているところもあれば、できることの多さや集客力をウリにしているところもあるのが現状です。それがゆえに結局この広告代理店は何が強みなのか分からない、伝わらないということになってしまいがち。

それではせっかく制作したのにもったいないですよね。

伝えたいことはスペースを大きく取るなどしてはっきりと分かるようにしていきましょう。

4.広告代理店のホームページ制作のまとめ!

広告代理店のホームページは他の業種よりもしっかりとユーザーに見られます。だからといってこだわる必要はありませんが、力を入れた方が集客にも繋がるのは間違いないです。

広告代理店がどうしたら魅力的に見えるのか、どうしたらここに頼みたいと思ってくれるのか試行錯誤をして作り上げていくと良いホームページになります。

上手くアニメーション等を利用することで他の広告代理店と差別化ができるので、参考にしたいホームページを決めてイメージをつけておきましょう。